ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

ドラフト3日目・5巡a 指名結果

NFLドラフトは3日目も終了。

 

ブロンコスは6つの指名権がありましたが、3回のトレードを行って2つ減らし、控えRBカプリ・ビブスを放出して、49ersから来年の4巡指名権を獲得しています。

 

その結果、ドラフトの最後253番目に指名される「Mr. Irrelevant」も含めて、4人を指名することになりました。

 

 

3日目の動き

  

49ersとのトレード(たぶん得?)

  • 獲得:2018年の4巡
  • 放出:RBカプリ・ビブス、5巡34位(177)

 

ブラウンズとのトレード(ちょっと得?)

  • 獲得:5巡1位(145)、5巡32位(175)
  • 放出:4巡20位(126)、7巡34位(252)

 

パッカーズとのトレード(ちょっと損?)

  • 獲得:5巡29位(172)
  • 放出:5巡32位(175)、7巡20位(238)

 

ドラフト内容

  • 4巡20位 ブラウンズに放出
  • 5巡01位 TEジェイク・バットを指名(トレードダウン)
  • 5巡29位 WRアイザイア・マッケンジーを指名(トレードアップ)
  • 5巡32位 ブラウンズから獲得してパッカーズに放出
  • 5巡34位 49ersに放出
  • 6巡19位 RBデアンジェロ・ヘンダーソンを指名
  • 7巡20位 パッカーズに放出
  • 7巡34位 ブラウンズに放出
  • 7巡35位 QBチャド・ケリーを最後に指名

 

 

 

 

 

 

5巡1位(145) TE ジェイク・バット

Jake Butt 身長6-5 体重246 1995年生まれ ミシガン大学 シニア

 

4年間の先発経験がある。過去2年はHCジム・ハーボーの下でプロスタイルの攻撃を経験している。2015年は51回、654ヤード、3TD、2016年は、46回、546ヤード、4TDを記録し、2年連続でBig Tenの最優秀タイトエンドに選出された。

昨年12月のオレンジ・ボウルで右ひざのACLを断裂してしまい回復中。2014年にもACLを怪我したが、シーズン途中に復帰している。

鍛えられており、まだ強くなれる。サイズがあり、高さで勝負できる。磁石のような強い手がある。密集においてタフで頼れる。タイミング、テンポ、フェイクの動きを使いこなす、優れたルート・ランナー。フィールド中央で恐れを知らず、自分とボールを守ることもできる。キャッチ後に力でヤードを稼げる。ミシガン大学の通算レシーブとヤードのTE記録を持っている。チーム・キャプテン。

身体能力は普通。一定のスピードだけでギアがなく爆発力に欠ける。縦に脅かすスピードはない。キャッチできる範囲は限定的。ブロッカーとしては相手をつかみがちで、セカンドレベルでのアングルも良くない。フィジカルなエッジラッシャーにやられる。パスプロでパワーのある相手にアンカーが一定しない。頼れるが、ホームラン・ヒッターではない。1試合に100ヤード以上を記録したことが1度しかなく、TD率も低い。

某スカウト「彼は良い選手になる。皆はケルシー、オルセン、グロンコウスキーみたいなエリート選手を求めるが、バットは頼れる選手で、1stダウンを更新する。彼らはみなプロに入ってブロックも向上している」

似たタイプの選手:ザック・ミラー、タイラー・アイフォート

強くてナチュラルな手と、フィールドの中央で活躍できるタフさで1stダウンを更新するインライン・タイトエンド。中距離のターゲットにもなれる能力を見せているが、プロのDBやLBのマンカバーを外すだけの運動能力やセパレート能力は欠いているかもしれない。インラインで活躍するためにブロック能力を向上する必要がある。それでも、彼は生産性の高い頼れるターゲットであり、早くから先発し、活躍するチャンスがある。

 

 

G Rec Yds Avg TD
2013 13 20 235 11.8 2
2014 10 21 211 10 2
2015 13 51 654 12.8 3
2016 13 46 546 11.9 4

 

 

2~3巡で指名されるという予想もあった選手なので、 怪我から復活さえできれば、活躍が期待できそうですねー

 

 

Jeff Legwold(ESPN) 追記

GMエルウェイは「ドラフト3日目に指名した全員が残れる空きは、ロスターにないかもしれない」と語っていた。しかし、バットに関しては我慢することができるはずだ。彼はオレンジボウルの敗戦で右ひざのACLを断裂したが、怪我するまでは1巡指名の才能だった。この指名には素晴らしいバリューがある。

彼は今年のTEではベストのひとりだ。プレイメイカーで、必要ならラン攻撃でブロックもできる。今年のTEは多くがレシーバーで、ブロンコスはエブリダウンでプレイできる選手を求めていた。バットはトレーニング・キャンプの終わりにはフィールドで練習できると語っていた。彼は2014年にも同じ膝のACLを怪我しており、その事実は留意する必要があるだろう。

 

Chris Burke(SI.com

オレンジ・ボウルでACLを断裂してしまった。これにより、ドラフト候補生はボウルゲームを欠場すべきかという議論を呼んだ。怪我の回復は予定より進んでいるという話だが、2017年にどれだけやれるかは不明だ。バットは大学で通算11TDを決めており、健康であれば、レッドゾーンで頼れるターゲットになる。彼はクラシックなTEで、プロスタイルの攻撃システムでインラインを経験している。身体能力でスカウトを驚かせるようなタイプではない。似た選手はデニス・ペタ。

 

Pro Football Focus

これまで一流のスタッツを残してはいないが、ミシガン大学がラン攻撃を重視していた影響もある。2016年は546ヤードしか記録していないものの、ルートランの平均1.99ヤードは今年のドラフト候補で8位の成績にあたる。彼はレッドゾーン内での生産性(通算9TD)、落球(キャッチ可能なパス51回で5度の落球)を向上する必要があるが、怪我から回復できるならば、頼れるドラフト中位指名候補であるだろう。

 

Excellent Mike Tanier(B/R

派手なパス攻撃をやらない大学にいながら、2年間で97キャッチを記録している。彼は白人であるがゆえに、運動能力よりも、リーダーシップ、競争心、練習熱心さ、数字に表れない部分で評価されてきたが、優れたアスリートでもある。タフで喜んでブロックするが、洗練しておらず、相手をつかみがちだ。

昨年のシーズン終盤にACLを断裂しているので、2017年の活躍は限定されるかもしれない。ブロンコスは長期的な視点で指名しており、彼は何でもできるTEに成長するだろう。

 

A+ WalterFootball.com

エルウェイは彼が残っていたことに興奮したとツイートしていたが無理もない。ACLを断裂してはいても、私は彼が3巡で消えると評価していた。この指名はスティールであり、5巡のベスト指名だったと思う。バットはブロンコスにとって、2018年から先の強力な武器となるかもしれない。

 

A- Travis Wakeman(USA Today Broncos Wire) 追記

ブロンコスが残念なドラフトをしたとは思っていないが、5巡指名で初めてA評価を出す機会に恵まれた。どうやっても、この指名を嫌いにはなれない。

大学最後の試合でACLを断裂してはいても、彼にはブロンコスのTEに足りなかった要素をもたらしてくれる機会がある。

彼は手堅いブロッカーであるだけでなく、フィールドのあらゆるレベルでオープンになれる。大学ではいくつものタフなキャッチを決めて、1stダウンを更新してきたが、ダウン・フィールドでオープンになって、LBやDBより速く走ることもできる。

もしかしたら、彼はシーズン開幕をPUP(負傷者リスト)に登録されて迎えるかもしれない。その場合はすぐに活躍することはできない。

それでも、彼を5巡1位で指名できたのは興奮ものだった。怪我さえなければ、2巡で消える才能がある。これこそ、この指名の評価が高くなる理由だ。

ブロンコスは労せずして大きなニーズを埋められた。この指名は今年のドラフトで最大のスティールになる可能性がある。

 

A+ Spencer Hall(CBS Sports

 

 

 

 


Jake Butt 2016 Highlights