ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

ドラフト2日目・2巡 指名結果

NFLドラフト2日目、2巡指名の結果です。

 

 

 

 

 

2巡19位 DL デマーカス・ウォーカー

DeMarcus Walker 身長6-4 体重280 腕長33 1994年生まれ フロリダ州立大学 シニア

 

昨年は68タックル、21.5ロスタックル(全米8位)、16サック(全米2位) を記録している強力なパスラッシャー。

全米トップ50の有望株として、フロリダ州立大学に進学。1年目のフレッシュマンから3試合に先発した。翌2014年は11試合に先発して、大学は全米王者となった。2015年はチームの守備MVPに輝き、2016年はAll-SECに選出されている。

2年間で計25サックを記録している。ジャンプ・ステップとスイム・ムーブで、相手のパスプロを乗り越える。通算8回のパス叩きを記録している。アクティブで強力なタックラー。厚い尻と太ももがあり、もっと大きくなれる。2016年は90%のプレイに出場しており、頑丈で頼れる。

内側をやるにはサイズが足りず、外側をやるには身体能力が物足りない中途半端な選手。モーターが一定しない。タックル範囲は普通。もっと足の素早さが必要。良く動けるが急速さに欠け、プレイ・スピードも平均並み。疲れると活躍が大きく落ちる。パスラッシュ専門要員になるかもしれない。

指名予想:2~3巡

似たタイプの選手:マリオ・エドワーズ

通算サック数には感心させられるが、通常のサック・アーティストと違い、最初の動きで勝つタイプではない。彼はパワーのあるベース・エンドだが、パス守備では内側に入ってパスラッシュするのが合う。エッジとしては理想的なサイズや身体能力がないので、3テクニック(4-3守備のDT)に移動することも考えられる。

 

 

試合 Solo Ast Total TFL Sack INT PD FF
2013 10 9 9 18 2.0 1.0 0 0 0
2014 13 28 10 38 6.0 1.0 0 1 1
2015 13 25 31 56 14.0 9.0 1 5 3
2016 13 45 22 67 19.5 16.0 0 2 3

 

 

エルウェイは、ウォーカーがここまで残っているとは思っていなかったという話で、選手人事部長のマット・ラッセルと賭けをしてて負けたそうですねw

DEデレク・ウルフの反対側で先発争いをすることになるようですが、移籍したマリク・ジャクソンみたいな役割をするのかなと思います。

 

 

 

Jeff Legwold(ESPN) 追記

昨年のドラフトでは、DLコーチのビル・コーラーが欲しがったDLアダム・ゴトシスを2巡で指名した。今年の2巡で指名したウォーカーもトップ級の才能があり、まだその膨大なポテンシャルに見合った一貫性を見せていない。彼は4.5サックを決めた試合を含めて、昨年16サックを記録している。

すべてが上手くいけば、ウォーカーはすぐにローテーションで出番を得るだろう。ブロンコスは、このオフにNTザック・カーとDLドマタ・ペコを補強し、守備ラインは混雑しているが、昨年28位だったラン守備を強化する必要があり、OLBボン・ミラーが自由にパスラッシュできるようにしなければならない。昨年のミラーは相手にマークされ、シーズン最後の4試合はサックがなかった。

 

Pro Football Focus

2012年、ブロンコスはDLマリク・ジャクソンを指名した。彼はテネシー大学で活躍していた守備ラインで、中途半端なTweenerと評価されていた。知ってのとおり、この指名は大当たりで、スーパーボウル制覇における重要なピースとなった。そして今、ブロンコスは似たような評価をされている選手を指名した。ウォーカーには理想的なサイズと身体能力はないものの、2016年は全米2位の17サックを決めている。彼は昨年、63回のQBプレッシャーと、29回のラン・ストップも記録している。

 

B+ Travis Wakeman(USA Today Broncos Wire) 追記

昨年のブロンコス守備は未だにトップクラスだったが、DEマリク・ジャクソンが抜けた穴は大きかった。代役のDEジャレッド・クリックは頑張ったものの、その差は明らかだった。

昨年16サックを決めているウォーカーが2巡で残っているのを見て、エルウェイは獲得に動くしかなかった。彼にはマリク・ジャクソンの穴を埋めるチャンスが与えられるだろう。

ウォーカーは16サック加えて21.5ロスタックルを記録しており、ACCの最優秀守備選手に選出されている。2016年は、3ダウン出場できる選手として、全スナップの約90%でプレイし、ラン守備でも68タックルと活躍している。

しかしながら、ウォーカーは3-4守備に合わないという評価もある。彼をOLBとして使うとは考えにくいので、大学時代とは違う役割、おそらくはインサイドのラッシャーとして、新しいポジションを学ぶ必要があるかもしれない。そうなったとしても、ウォーカーはジャレッド・クリックと先発DEの座を争うことも可能なはずだ。

1巡のOTボールズ指名と同様に、この指名は今のところホームランとは評価されていないだろうが、そうなる可能性はある。

 

B  Chris Burke(SI.com) 追記

昨年のブロンコスは攻守のラインが苦戦していた。守備ラインは押されまくったので、ウォーカーの指名は良い補強になる。彼は3-4守備のDEをプレイできる。また、ウエイド・フィリップスが去った今、4-3守備の割合が増えても貢献できる。

 

B Mike Tanier(B/R

長所:テクニック、強さ、ラン守備

短所:爆発力、一貫性/モーター

2016年の16サックという数字に騙されてはいけない。ウォーカーは頑丈で、十分な運動能力のある、経験豊かな守備選手だが、16サックを決めるような爆発力は備えていない。彼は細かいことを上手くやる。パスを叩き、スタントで己を犠牲にし、レーンを塞ぐ。

パスラッシャーとして、彼はテクニックとセカンド・エフォートで勝利する。彼のモーターには問題があるが、冬でも暖かいフロリダにおいて、280ポンドの体重で80プレイ以上に出ることも多かった。

彼の能力とスタッツの数字には整合性がない。そして、ブロンコスは守備より攻撃に問題を抱えているので、この指名がニーズだったとも言えない。

しかし、彼は大きく、ハードワーカーで、メジャーな大学で成功を納めている。それだけで十分だろう。

 

B   Pete Prisco(CBS Sports

 

B- Walter Football.com

ブロンコスは昨年のオフにマリク・ジャクソンが移籍してから、ラン守備で苦戦していた。なので、この指名は理解できる。ウォーカーは仕事を得て、リプレイスメントになれるかもしれない。しかし、ワークアウトの成績は残念だったので、彼は3巡指名が相応だと思う。ブロンコスはトレードダウンしても指名できたかもしれないが、まあ悪くはない。

 

C  Dieter Kurtenbach(FOX) 追記

ローテーションのDEとして気に入っている。ブロンコスは3テクニック(DT)が必要なので、増量させてラインの真ん中で使うことになるかもしれない。それは悪いアイデアではないが、全体51番目の指名としては勇気のあるアイデアだ。

 

C-  Eric Edholm(Yahoo! Sports) 追記

この指名はよく分からない。ウォーカーは大学で活躍したパスラッシャーだが、ブロンコスの守備システムに合うのか? 彼はどのポジションをやるのだろう? OLBデマーカス・ウェアが引退した穴は開いてるが、このシステムだと彼はバルクアップして5テクニック(3-4 DE)をやることになるのだろう。彼にはそれをやれるだけの長さはあるが、まだ可能性でしかなくリスクもある。

 

 

 

44番


Ultimate DeMarcus Walker Highlights | HD