読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

2巡 RB モンティ・ボール

2013年ドラフトの選手紹介、今回は2人目になります。

 

2巡26位(全体58番目)

RB モンティ・ボール

f:id:KeroBro:20130702051641j:plain

 

  • 名前: Montee Ball, Jr.
  • 身長: 5-10
  • 体重: 214
  • 大学: Wisconsin
  • 年齢: 22歳(1990年12月5日)
  • 学年: シニア
  • 腕の長さ: 32 5/8インチ
  • 手の大きさ: 9インチ
  • 40ヤード: 4.66秒
  • 10ヤード: 1.61秒
  • 20ヤード: 2.59秒
  • 20ヤードSS: 4.40秒
  • 3-Cone Drill: 6.88秒
  • Vert Jump: 32インチ
  • Broad Jump: 9フィート8インチ
  • ベンチプレス: 15回

 

 

ラッシング成績 [スタッツ]

  • 2009年 Wisconsin  9試合   98回  391ヤード(平均4.0)  4TD
  • 2010年 Wisconsin 12試合 163回  996ヤード(平均6.1) 18TD
  • 2011年 Wisconsin 14試合 307回 1,923ヤード(平均6.3) 33TD
  • 2012年 Wisconsin 14試合 356回 1,830ヤード(平均5.1) 22TD

 

レシーブ成績

  • 2009年 Wisconsin  9回   92ヤード 0TD
  • 2010年 Wisconsin 16回 128ヤード 0TD
  • 2011年 Wisconsin 24回 306ヤード 6TD
  • 2012年 Wisconsin 10回  72ヤード 0TD

 

評価

  • NFL.com のグレード: 75.6
  • CBS Sports の評価: RB 3番目(2巡指名予想)

 

 

概要

ミズーリ州出身。地元高校(Wentzville Timberland High School)のフットボール・チームでは最後の2年間に5,264ヤードと73TD(高校通算で8,222ヤードと107TD)を記録している。

有望選手としてリクルートされ、ミズ-リ、カンザス、ノースウェスタンの中からウィスコンシン大学を選んだ。最初の2年間は、RBを併用するチーム方針により控えとして出場していたが、2年目最後の4試合で先発しチーム・トップの数字を残した。

2011年、オフに25ポンド減量して全米トップの1,923ヤードを走り、バリー・サンダースに並ぶNCAA FBSタイ記録のシーズン39TDを達成。BIG TENの最優秀攻撃選手賞に輝き、ハイズマン賞のファイナリスト(結果は4位でRG3が受賞)に名を連ねた。

2012年、最終学年を前にプロ入りすると思われたが、3巡評価という声に納得せず大学に残った。しかし暴力事件に巻き込まれたり、チームの成績も振るわず、自身は最優秀RB賞(Doak Walker Award)を受賞したものの、悔いの残る判断ともなった。

2011年と2012年のコンセンサス・オール・アメリカン。大学通算83TDと通算77ラッシングTDはNCAA記録。

2012年8月1日の深夜、キャンパス付近を友人らと歩いていたところ、突然5人組の暴徒に襲われて脳震盪と頭部の怪我で病院に運ばれた。犯人たちは逮捕され、パーティーの喧嘩で(別の選手に)仲間がやられたため、選手を狙っていたとされている。

フットボールを観始めた時からのブロンコス・ファン。テレル・デイビスに憧れていて「彼のインタビュー、ハイライト映像、何もかもすべてを見てきた」と語っている。

 

長所

信頼できる馬車馬ゾーンブロック・ランナー。優れた視野を持ち、カットバック・レーンを見つけ、カットで守備を避けることもできる。密集に飛び込みコンタクトを恐れない。穴が開くまで辛抱強く待ち、スペースを駆け抜けるクイックネスを持つ。すぐに倒れることは稀。姿勢を低く保ち、脚を動かし続けてヤードを稼ぐ。効果的なカットブロックでパスプロもできる。ブリッツのピックもやる。レシーブもできる。バランスに優れ、重心が低く、タックルを潜ってかわすことができる。外側を走るだけの素早さはある。


短所

小さい身体で酷使されてきたため摩耗が心配される。サイズとスピードは平均並。ギアを上げて加速していくランナーではなく、相手をかわす一流の機敏さは持たない。カットバックからの爆発力に欠ける。パイルを押し動かしたり、強力なタックルを外すパワーはない。個人の能力というより、スペースを開けてもらって走ることで得をしている。


総評

特に大きくも強くも爆発力があるわけでもないが、密集を上手く駆け抜ける、信頼できるランナーである。


似たタイプの選手

  • Stevan Ridley (N.E)

 

感想

アラバマのRBエディ・レーシー(つま先の怪我)が残っていたにもかかわらず、モンティ・ボールを指名したことは話題になりました。

この指名の評価を見ると、ボールは強いOLとシステムに頼ってきた、指名順位が高すぎる、ブロンコスのシステムに合わないのではないか、といった声が聞かれます。ウィスコンシン大学のRBがプロで活躍していないという不安もあるみたいですね。(ロン・デインとか)

指名順位に関しては、ブロンコスが2巡26位で指名していなければ、3つ下の29位で(レーシーを指名した)パッカーズが指名していた可能性があったと思います。ブロンコスが探していたであろう、パスプロやレシーブができて、3ダウン走れる210ポンド以上の即戦力RBとなると、ここでボールを指名するしかなかったという見方もできますね。

システムについては、ゾーンの鬼アレックス・ギブスをコンサルタントに招いたことで、今シーズンは質量ともにゾーン・ブロックが洗練されていくと言われてますので、それほど問題はなさそうな気もします。マニングのパス攻撃があって、OLがしっかり仕事をしてくれれば、RBにとって走りやすい環境だと思いますし、先発だったRBマゲイヒーを解雇したり、マニングが個人指導をしたり、ボールが先発として使われる準備が整いつつあるように見えますね。

40ヤードのタイムを見てもスピードが売りの選手ではないですけど、エルウェイは「ボールの走るスタイルは、テレル・デイビスにとても似ている」と発言していますので、同じように成功してくれるのを期待したいですね。

 

 

 

引用元: [NFL.com] [CBS Sports]

 

 

 2013年ドラフト指名選手