読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

ブロンコスのドラフト外FA選手

ブロンコス ドラフト2013

ブロンコスが契約した16人のドラフト外FA選手(UDFA)について簡単に調べてみました。

ブロンコスは9年連続でドラフト外の選手がロスターに残っていて、過去10年では13人が開幕ロスターに残っているそうです。

 


 
QB Ryan Katz 6-1 214 (San Diego State) [スタッツ]

オレゴン州立大学から転校。2010年は7試合で2TD以上を投げ、パス連続136回インターセプト無しを記録した。2010年最後の試合で手首を骨折。かなりの強肩。4人目のQBとしてチームに残れるか。


Ryan Katz #5 SDSU Highlight Reel - YouTube 

 


RB C.J. Anderson 5-8 224 (California) [スタッツ]

PAC10で過去2年平均5.7ヤード、最終学年は126回で平均6.2ヤードを走っている。身長が低く身体がずんぐりしている。ショートヤードの場面で活躍するか、体重を増やしてブロックを向上すればFBとして生き残れるかもしれない。


CJ Anderson Highlight - YouTube 

 


WR/KR Quincy McDuffie 5-9 176 (Central Florida) [スタッツ]

大学ではリターンの15回に1回(最終学年は5.7回に1回)の割合でTDを決めている。レシーバーとしてはリターナーほどの活躍はなかったが、40ヤードは4.35秒ほどの快足。


Quincy McDuffie sparks UCF over ECU - YouTube 

 


WR Lamaar Thomas 5-11 187 (New Mexico) [スタッツ]

オハイオ州立大学から転校。ニックネームは「Flash」。スピード(4.38秒)と敏捷性が売りで陸上もやっていた。2012年は10試合に先発しWR、RB、QBとして使われた。

 


WR Kemonte' Bateman 6-1 185 (New Mexico State) [スタッツ]

2012年は50回707ヤード5TD。7試合で4キャッチ以上を記録している。リターンもやる。

 


TE Lucas Reed 6-6 247 (New Mexico) [スタッツ]

NFLテキサンズのLB Brooks Reedの弟。フィジカルな選手ではなく、ランブロッカーとして成長していく必要がある。大きな手と長い腕、ジャンプ力があり、ゾーンの切れ目でレシーブできるスピードはある。

 


OL Manase Foketi 6-5 318 (West Texas A&M)

2010年と11年はカンザス州立大で先発していたがアキレス腱を断裂。ディビジョン1部校への転校が認められず、昨年は2部校でプレイしディビジョン2の「ラインマン・オブ・ジ・イヤー」最終候補3人に残った。大学ではOTながらプロではOG向きとされる。

 


DE John Youboty 6-4 252 (Temple) [スタッツ]

NFL選手CB Ashton Youbotyの弟。2012年のコーチ選出ALL-BIG EASTセカンドチーム。エンドの体格ながら2011年はDTをプレイし、2012年はDEに移動して5サック。


John Youboty vs Cincinnati (2012) - YouTube

 

 

DE/OLB Lerentee McCray 6-2 250 (Florida) [スタッツ]

CBS Sportsで5巡指名評価。ブロンコスの他4チームが獲得に興味を持っていた。アスレチックなフレームに厚い下半身、鍛えられた長い腕を持つ。トップスピードと加速、強いパンチとブルラッシュ能力がある。カバーもやる。腕の使い方が上手い。第一歩が遅くパスラッシャーとしての爆発力はない。DEとLBどちらか使い方が難しい。


Ultimate Lerentee McCray Highlights | HD - YouTube

 

 

DE Gary Mason Jr. 6-4 265 (Baylor) [スタッツ]

3年先発した23歳。47試合出場(32試合先発)で78タックル6サック。ベンチプレス32回。

 

 

DT Romney Fuga 6-2 318 (BYU) [スタッツ]

今年5月で25歳になる。2年間マダガスカルでミッション・トリップに従事し、メディカル・レッドシャツも受けた。2012年はNTとして42タックル1.5サック。

 

 

LB Douglas Rippy 6-2 240 (Colorado) [スタッツ]  [動画]

ドラフトされてもおかしくなかったが、膝のケガが影響した。2009年と11年に手術を受け、2012年も欠場があった。バーサタイルで、ミドルとストロングサイドで先発経験があり、スペシャルチームでも1試合で2回パントをブロックしたことがある。健康ならスティール。

 

 

LB Uona Kaveinga 5-11 233 (BYU) [スタッツ]

USCで2年控えの後に転校。小柄ながら鍛えられた体格で太い腕を持つ。ボールへの嗅覚があり相手を倒す。ドロップできるスピードはある。MLBとしてはやや背が低い。方向転換と加速に懸念がある。

 

 

CB Aaron Hester 6-2 198 (UCLA) [スタッツ]

NFLベアーズのWR Devin Hesterの従兄弟。「デビン・ヘスターをカバーできる」と本人談。高校時代は陸上で州代表に3回選出。体格が良く腕も長い。優れたアスリートで方向転換もスムーズ。アグレッシブなランブロッカー。ボールスキルと加速、テクニックにやや欠ける。ゾーンで苦戦することがある。


Aaron Hester vs USC (2012) - YouTube

 

 

S Ross Rasner 6-0 212 (Arkansas) [スタッツ]

2011年はLBで先発。2012年はSで92タックル、2.5サック、3インターセプトを記録。

 

 

P Ryan Doerr 6-3 189 (Kansas State) [スタッツ]

2012年は41回で平均41ヤード。パント最長記録は2011年の65ヤード。キャンプ要員か。

 

 

 2013年ドラフト指名選手