読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

3巡 FS ジャスティン・シモンズ

ドラフト2016 ブロンコス

3人目の指名は、3巡ラストの補償ピック!

 

 

 

3巡35位(全体98番目)

FS ジャスティン・シモンズ

 

f:id:KeroBro:20160506184947j:plain 

 

名前 Justin Simmons
身長 6-2 (1.88m)
体重 202 (92kg)
大学 Boston College
年齢 22歳 (1993年11月19日)
学年 シニア
腕の長さ 32 5/8インチ (82.8cm)
手の大きさ 9 5/8インチ (24.4cm)
40ヤード 4.61秒
10ヤード 1.60秒*
20ヤード 2.67秒*
20ヤードSS 3.85秒
3-Cone Drill 6.58秒
垂直跳び 40インチ
立ち幅跳び 126インチ
ベンチプレス 16回

 

 

大学の成績

YearGPSoloAsst.TotalTFLSackFFFRPDINT
2012 12 31 21 52 0.0 0.0 2 0 5 1
2013 13 22 12 34 1.0 0.0 0 1 3 0
2014 13 63 13 76 2.0 1.0 0 0 7 2
2015 12 49 18 67 1.0 0.0 2 3 7 5

TFL=ロスタックル、FF=ファンブル誘発、FR=同リカバー、PD=パス防御 

 

 

評価 

  • NFL.com: 5.59(控えか最終的には先発)
  • CBS Sports: FS 4番目(3巡指名予想)
  • B/R: 5.70(4巡指名、控え級)

 

 

概要

高校では通算24個のインターセプトを記録している。

2012年は、トゥルー・フレッシュマンながら7試合(6試合はセーフティー、1試合はCB)に先発し、52タックルとインターセプト1個を記録した。

2013年は全13試合に出場したが、先発なしに終わった。

2014年は全13試合に先発した。最初の7試合はセーフティ、最後の6試合は怪我人が出たためCBで先発し、チームトップの78タックル、2インタを記録している。チーム守備は全米で2位にランクされた。

2015年はFSで全12試合に先発。チームトップのターンオーバー10個(5インタ、2ファンブル誘発、3ファンブル・リカバー)を記録した。インタ5個はカンファレス2位、全米13位タイの数字だった。チーム守備は全米トップにランクされている。

11月21日のノートルダム大学戦(全米4位)では、3個のターンオーバーを奪う活躍で、この週のACC最優秀DB賞に選ばれた。前半にファンブル・リカバーと2個のインタを記録し、守備はノートルダムの強力オフェンス(平均36.2得点)を19点に抑えている(試合は16対19で敗北)

大学では通算50試合に出場、計229タックル、22パス妨害、8INTを記録。

East–West Shrine Game(オールスター・ゲーム)の活躍と、NFLコンバインの好記録で評価を上げた。

2015年はチームのMVPと、ALL-ACCの2ndチームに選出されている。

 

 

長所

身長6-2で、ひょろ長い体格。サイズの割りに驚くほど機敏で、スムーズに加速し、ストップ&スタートの敏捷性とバランスに長けている。

コンバインでは7種目のうち5種目でDBのトップ5に入った。20ヤードと60ヤード・シャトル、垂直跳びはDBのトップ記録、3コーンは全ポジションで2位の数字だった。

CBとFSで先発経験があり、センターフィールドから上がってニッケルコーナーに入ることも多かった。Robber(センターで自由に動けるFS)の役割で効果的。

安定したカバー能力があり、プレイを素早く読む。CBの経験があり、ムーブTEや大きいスロットを相手にマンカバーできる。

長い腕と手、ボールスキル、広い守備範囲、優れた視野、加速、ボールに向かっていく大胆さがあり、パスを妨害して、インターセプトを決める。

ラン守備もしっかりとやる。タックル能力は向上しており、2015年はタックルを外されたことが1度もなく、ミスタックルも4回だけだった。

ガンナーの能力があり、パントリターンとキックリターン両方のカバーチームで使われていた。NFLでもSTをやれるタフさと競争心がある。

 

 

短所

細い体型をしており増量できる余地も少ない。でかい相手にタックルで引きずられることがある。細い身体を増強するまでは、ニッケルとダイム守備で3番目のDBとして使われるだろう。

上半身が高い。股関節の硬さがあるため、方向転換でもたつく。シュライン・ゲームの1対1練習では、リバースで足がからまりカバーをミスするなど苦戦していた。

カバーでの素早い足を欠いており、ダブルムーブにやられる。

プロではCBよりもFSに向いている。しかし、彼のサイズとボールスキルは、プレスカバーを多用するチームには合うかもしれない。

ディープをカバーする責任を早まって放棄してしまうことがある。間に合わないと判断したプレイでは諦めてしまうことがある。

賢いQBに騙されて、釣られてしまうことがある。そこからリカバリーする能力にも欠けている。

長い距離のスピードに疑問があり、ステップを誤ると、それでプレイから消えてしまう。

  

 

総評 

2015年は5個のインターセプトを決めている。細い体型でありながら、激しくタックルし、DBをやれるタフさもある。その守備範囲、長さ、カバースキル、STをやれる能力により、ドラフト3日目には名前を呼ばれ、最終的には先発できるかもしれない。

今年のドラフトはセーフティの層が薄く、その中では、シモンズの長さ、ボールスキル、信頼できるタックル能力は際立っている。大きな舞台でインターセプトを決めている実績があり、そのビックプレイ能力は、スカウトの評価を上げるだろう。 

 

 

似たタイプの選手 

CB Tony Lippett(MIA)

 

 

感想

セーフティは控えの2人がFAで移籍してしまい、層が薄くなっていたので、指名は予想されていましたね。今年のドラフトはDBが不作みたいな話もありましたけど、3巡の最後で、4番目評価くらいのシモンズを指名という結果になりました。

この指名は、おおむね好評価な感じかなと思います。サイズがあって、広い範囲をカバーでき、ボックスに入ることも、スペシャルチームで貢献することもできる。なんでもできる選手として、多くの役割が期待されているようです。

エルウェイは「センターフィールドを守れる選手を探していた。そうすればT.J.ウォードをボックスに入れることができる」と語っていましたが、セーフティを3人投入する守備で、シモンズをFSスチュワートの横に並べれば、T.J.ウォードをボックスに配置する形が可能になります。クービアックも「彼の加入は、守備に柔軟性をもたらす」と話していました。

シモンズの評価を読んでいると、コンバインがすごかったという話が出ていますね。身長6-2、体重202というサイズがありながら、3コーン(6.58秒)や、ショート・シャトル(3.85秒)、垂直跳び(40インチ)などは、過去の記録とかを見ても、DBでトップクラスの数字になっています。

ブロンコスのセカンダリーはNo Fly Zoneと呼ばれる強いポジションで、セーフティの両先発も残っていますので、すぐに先発というわけではないですけど、1年目から出番は多くなりそうですし、3番目DBブルートンが移籍した穴を埋めて、将来的にも、来年FAになる先発FSスチュワートの後継になってくれたらと思います。

 

 

ドラフト評価

  • A   SI.com
  • A- Walter Football
  • B+ NFL.com
  • B   CBS.com
  • B   Blecher Report
  • B- PFF
  • C   Yahoo Sports

 

 

 

動画 

ハイライト

www.youtube.com

 

ノートルダム大学戦

Justin Simmons vs Notre Dame (2015) - YouTube

 

 

引用元