読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

第11週 ベアーズ戦の感想

ブロンコス 感想

NFL第11週、アウェイのベアーズ戦が行われました。

結果は17対15、最後までもつれる接戦を制して連敗を止めました。

 

更新が間に合わなかったので、簡単な内容になります。

 

 

欠場

  • 先 QB Peyton Manning (足・肋骨)
  • 先 WR Emmanuel Sanders(足首・指)
  • 控 TE Richard Gordon
  • 控 C Sam Brenner
  • 控 DE Vance Walker(肩)
  • 先 OLB DeMarcus Ware(背中)
  • 控 CB Lorenzo Doss

先発QBマニングとOLBウェアがアウトで遠征に帯同せず。WRサンダースも欠場。DEウォーカーも怪我。CBタリブは出場停止から復帰。新人DTキルゴが登録された。

ベアーズはWRジェフリー、WRロイヤル、RBフォルテ、Sロールなどが欠場。 

 

 

  Q1Q2Q3Q4OT 
DEN (7-2) 7 3 0 7 0 17
CHI (4-5) 0 6 3 6 0 15

 

 

前半 10-6

  • DEN TD / パント、パント、パント、FG(終)
  • CHI* パント、パント / FGFG、パント

初先発のQBオスワイラーがWRトーマスに48ヤードTDを決める。攻撃はパスプロが酷く、キックオフリターンのミスもあり、パントが続く。守備はロングパスで進入されるも相手をFGに抑える。最後に攻撃が82ヤード進んでFGを決め前半終了。

 

後半 17-15

  • DEN* パント、パント、G失敗 / TD、パント、パント、終
  • CHI パント、INT、FG / G失敗、INT、TD(2pt失敗)

LBトレバサンが敵陣内でINTを奪う。そこからエンドゾーンまで迫るもギャンブル失敗で無得点に終わる。FGを決められ1点差になるが、次のドライブでWRラティマーへの初TDパスで点差を広げる。

第4Q、守備の反則がらみでゴール前まで侵入されるも、CHIがギャンブル失敗。次のドライブでも進入されるが、ボン・ミラーのファンブル誘発からDEマリク・ジャクソンがボールを奪う。8点差のまま残り1分50秒、CHIががんがん攻め込み、ついにTDランを決められて2点差まで追いつかれる。しかし同点狙いの2ポイントは阻止。最後のオンサイドキックも阻止してそのまま試合終了。

 

 

 DENCHI
トータル 389 347
パス 27 - 219 - 2TD 32 - 261 - 0TD
ラン 36 - 170 - 0TD 25 - 86 - 1TD
1st ダウン 21 19
3rd ダウン 6/14 (42%) 4/12 (33%)
守備サック 2 5
守備INT 1 0
ターンオーバー 0 2
FG 1 / 1 3 / 3
反則 8 - 118 0 - 0
時間 33:13 26:47

ボックススコア

 

 

ブロック・オスワイラー

20/27回(74.1%)、250ヤード、2TD、0INT、Rate 127.1

マニングの下で塩漬け育成されていた4年目の2巡指名QBが25歳の誕生日に初先発。オスワイラーの両親は悪天候で飛行機が飛ばず、車を16時間運転してシカゴまで駆けつけたとか。そんな2人の前で見事にプロ初勝利を挙げました。

デビュー戦としては、なかなか良かったというか、合格だったんじゃないかなと思います。第1Qは4回投げて4回成功、最初のドライブでTDを決めたのも見事でした。

ハンドオフでRBの足を引っ掛けてしまったりとか(カトラーも同じことをしてましたけども)、被サックが多いとか、細かいミスもありましたけど、試合を壊すようなターンオーバーはありませんでしたね。

第11週のAFC最優秀攻撃選手に選ばれています。

 

 

良かった

  • ターンオーバーがなかった
  • LBトレバサンのINT
  • WRラティマーの初TD
  • LBボン・ミラー&DLマリク・ジャクソン
  • 2ポイント狙いを阻止(T.J.ウォード)

 

 

悪かった

  • 被サックが多かった(5個)
  • LGエヴァン・マシスが青天
  • 反則
  • ギャンブル失敗
  • キックリターンでミス

 

 

気になったこと

  • 3WRセットでコールドウェルとラティマーが先発していた
  • 14試合ぶりに最初のドライブでTDを決めた
  • 新人NTキルゴがけっこう出ている(NTウォーカーの怪我で)
  • LGエヴァン・マシスが足首を怪我

 

 

審判

ブロンコスは反則8個。ベアーズは0個。たしかにブロンコスは反則が多く、ベアーズはクリーンでしたけど、反則をまったく取らない一方的な審判には疑問も感じました。

反則なしの試合を軽く検索してみたところ、2011年にチャージャースが反則0個でブロンコスに勝利していました(ただし反則2個がオフセットなどで取り消しになっている)。この時の記事で「1976年以降で40回しか起きていない(8,173試合で40回)」と書かれていたので、かなりレアみたいですね。

 

 

 

次はホームでペイトリオッツ戦。