読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

ドラフト外FA選手 - 3 D#

2015年のドラフト外FA選手紹介、ラストのパート3です。

 

守備選手では、クレムソンのDE Josh Watson の前評価が高いようですが、ネブラスカのLB Zaire Anderson を推している記事もあるようですね。もしかしたら、この中から生き残る選手が出てくるかも?

 

  • DE Josh Watson (Clemson) $5,000
  • NT Chuka Ndulue (Oklahoma) $2,500
  • LB Zaire Anderson (Nebraska) $5,000

 

 

DE Josh Watson 6-4 290 rSr Clemson

  • 2011年 出場5試合
  • 2012年 先発9試合 54タックル 3.0サック 3.5TFL
  • 2013年 先発5試合 47タックル 1.0サック 2TFL
  • 2014年 先発5試合 47タックル 1.5サック 3.5TFL

40ヤード4.95秒、10ヤード1.64秒、垂直跳び32.5インチ、立ち幅跳び9-1、SSは4.65秒、3コーンは7.52秒、ベンチプレス37回を記録した。

プロデイでベンチプレス37回、40ヤード4.98秒を記録した。スタンスから一気に相手ブロッカーへと発進する。素早い手がある。上半身から股関節にかけての柔らかさがある。相手を仕留めるスピードがある。

下半身が細く、OLBのようなふくらはぎをしている。運動能力と強さをプレイに出し切れていない。手と足の使い方に難があり、協調性に欠けている。相手を追いかける姿勢に一貫性がない。

すでに25歳で、ローテーションのDTをしていた選手。高校卒業時には高く評価されていたが、大学では手堅い活躍ながらも華々しさには欠けていた。先発経験は19試合しかないものの、その運動能力とパスラッシュのポテンシャルは興味を引くかもしれない。4-3のDTではなく、3-4のDEになると思われる。6-7巡指名予想。

ワークアウトの速さと強さがあり、試合でも相手を混乱させる。強烈な手があり、スタンスからの敏捷性とパワーで相手をこじ開ける。膝を曲げてうまくコーナーをまわる。その運動能力と内側からプレッシャーをかける能力は興味ぶかい。最低でもPS登録の育成候補。

最終ロスター生き残り確立:中

 

 

 

NT Chuka Ndulue 6-3 289 rSr Oklahoma

  • 2011年 出場7試合 4タックル 1.0サック 1TFL
  • 2012年 先発10試合 45タックル 5.0サック 6TFL
  • 2013年 先発9試合 42タックル 2.5サック 5TFL
  • 2014年 先発13試合 49タックル 3.5サック 5TFL

大学では3-4守備の5テクニックDEをプレイしていた。2014年は全試合に先発し、24回のランストップを記録している。パスラッシュには一貫性がなく、スナップ407回でプレッシャーは26回だった。2014年は All-Big 12 の2nd チームに選出されている。

40ヤードは5.15秒と5.23秒、垂直跳び28インチ、立ち幅跳び8-11、SSは4.55秒、3コーンは7.96秒、ベンチプレス28回を記録した。

パワフルな選手で相手をコントロールできる。ノーズタックルとなっているが、サイズ的には守備エンドの方が合うかもしれない。ラインの中央に位置している時は、ブロックを切り裂いて内側から相手QBにプレッシャーをかける。賢い選手で、QBに届かない時にはうまくパスをはじく。スペシャルチームでも、そのリーチ、機敏さ、パワーを活かせる。

とても強い手を持ち、手のテクニックもある。パッドレベルが高く、バランス、レバレッジに問題がある。けして諦めない態度と努力を備えている。

オクラホマでは通算45試合に出場し、32試合に先発している。その経験は役に立つが、ブロンコスが求めるNTとしてはサイズが小さいかもしれない。

最終ロスター生き残り確立:低

動画:Sport Videos-SoonerNation: Chuka Ndulue Interview - YouTube

 

 

 

LB Zaire Anderson 5-11 220 rSr Nebraska

  • 2012年 出場3試合 4タックル
  • 2013年 先発5試合 52タックル 3.0サック 6TFL
  • 2014年 先発12試合 103タックル 2.0サック 13TFL

コミュニティ・カレッジで2年間を過ごした後、ネブラスカ大学に転入した。

40ヤードは4.82秒(非公式4.60秒)、垂直跳び34インチ、立ち幅跳び9-10、SSは4.45秒、3コーンは7.15秒、ベンチプレス18回を記録した。

LBとしてはサイズが小さい。スキルを備えたタックルマシーン。中短のルートならTEやRBをうまくカバーできる。ラン守備での嗅覚があるが、オフェンスラインに捕まると消されてしまう。ブリッツでは素早く機敏で捕まえにくいが、捕まってしまうと無力になる。彼の素早さと手足の長さはいずれ、ロスターに残る助けになる。4-3守備ではWLBだが、3-4守備だとポジションがはっきりしない。ブロンコスではSとLBのハイブリット的な役割になるかもしれない。

ドラフト外のベスト補強。昨年はネブラスカのタックル・リーダーで、ファンブル・フォース3回、ファンブル・リカバー2回、ロスタックル13回も記録している。ボールへの嗅覚があるプレイメイカー。ネブラスカの強力守備を支えたひとり。

ブロンコスのLBはタレントが多く、キャンプで結果を出さないと生き残りは難しいが、彼の練習熱心さ、頭の良さ、相手を混乱させるプレイスタイルにはその可能性がある。

最終ロスター生き残り確立:高

動画:(LB #13)Zaire "Bam Bam" Anderson - YouTube

 

 

 

引用元

Bleacher Report / Scout.com

NFL.com