ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

ドラフト外新人1 QB

ブロンコスは8人のドラフト外新人選手と契約しています。 

第1回はQBを紹介。

 

QB Nick Stevens 6-3 215 Colorado State  
RB Phillip Lindsay 5-8 190 Colorado $15,000
WR John Diarse 6-1 214 TCU $8,000
WR Jimmy Williams 5-11 194 East Carolina $10,000
OG Austin Schlottmann 6-6 300 TCU $5,000
OT Leon Johnson 6-6 300 Temple $10,000
NT Lowell Lotulelei 6-2 315 Utah $15,000
LB Jeff Holland 6-2 249 Auburn $15,000
S Trey Marshall 6-0 207 Florida State $5,000

金額は契約金

 

NT Lowell Lotulelei は引退を表明しており解雇済み。

 

 

 

QB ニック・スティーブンス

#5 Nick Stevens 6-3 215 Rシニア Colorado State

 

高校では2つ星から3つ星の有望選手に評価されていた。 

2013年はレッドシャツに登録された。 

2014年はQBギャレット・グレイソン(2015年3巡)の控えとして5試合に出場した。

2015年は全13試合に先発した。カンファレンスでトップの21TDを投げて、All-Mountain Westの2nd チームに選ばれている。

2016年は10試合に出場し、7試合に先発した。開幕のコロラド大学戦で先発したが、苦戦してベンチに下げられてしまい、フレッシュマンのQB Collin Hillに先発の座を奪われた。しかし、第7週のボイジー州立大学戦でHillが負傷したため、次のユタ大学戦から復帰して残りの6試合に先発している。

アイダホ大学と対戦したFamous Idaho Potato Bowlでは、キャリアハイの445ヤード、5TDを投げる活躍だった。

2017年は全13試合に先発した。284/456回、61.9%、3,799ヤード、29TD、10INTを記録している。3,799ヤード、29TDはいずれも全米13位の数字だった。

オフェンスは3rdダウン成功率で全米2位、1stダウン数(331回)で8位、トータル・オフェンスで11位を記録した。8試合で300ヤード以上、8試合で3TD以上を投げている。All-Mountain Westの1stチームに選ばれた。 

 

指名予想:PFA

概要

逆境を戦い抜く能力によってチームメイトから尊敬されており、その経験から安定して活躍している。ドラフトされるだけの体格と肩の強さはないが、パスの正確さはある。フィットするチームが見つかれば、キャンプに呼ばれ、3番目のQBとして残れるかもしれない。

長所

チームのキャプテンを務め、過去2年でリーダーに成長している。センターの後ろでスナップを受け、プロスタイルのパス攻撃を経験している。ボール・プレイスメントと正確さは優れている。ゴールライン近くでフェイドのタッチが良い。メンタル面がタフ。2016年の開幕戦は酷い内容でベンチに下げられたが、それ以降は48TDに対して13INTしか投げていない。

短所

細い体格にひょろ長い脚をしている。NFLのヒットに耐えられる身体をしていない。NFL級の肩の強さはない。下半身からパスの勢いを生み出せず、ボールが浮く。ディープのパスは16TDと10INTで成績が悪い。ディープのサイドラインへのパスは正確性が低い。平均以下のアスリート。最初のリードがカバーされていると慌ててバタバタする。

 

  試合 Cmp Att % Yards Avg TD INT Rate
2014 5 15 25 60.0 136 5.4 1 0 118.9
2015 13 210 346 60.7 2,678 7.7 21 12 138.8
2016 10 129 201 64.2 1,936 9.6 19 5 171.3
2017 13 284 459 61.9 3,804 8.3 29 10 148.0
    638 1,031 61.9 8,554 8.3 70 27 148.7