ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

ドラフト外新人3 WR

ブロンコスドラフト外新人選手、第3回はWRの2人を紹介。

 

QB Nick Stevens 6-3 215 Colorado State  
RB Phillip Lindsay 5-8 190 Colorado $15,000
WR John Diarse 6-1 214 TCU $8,000
WR Jimmy Williams 5-11 194 East Carolina $10,000
OG Austin Schlottmann 6-6 300 TCU $5,000
OT Leon Johnson 6-6 300 Temple $10,000
NT Lowell Lotulelei 6-2 315 Utah $15,000
LB Jeff Holland 6-2 249 Auburn $15,000
S Trey Marshall 6-0 207 Florida State $5,000

金額は契約金

 

今年はドラフトでもWRを2人指名しているので、ドラフト外コンビはPS(練習生)に残るのが目標という感じでしょうか。

 

 

WR ジョン・ディアース

#9 John Diarse 6-1 214 Rシニア TCU

 

高校では万能プレイメーカーとして活躍。シニアの時にはQBをプレイし、1,685ヤード、18TDを投げ、ランでも1,327ヤード、21TDを決めている。4つ星の有望選手として、LSUに進学した。

2013年はレッドシャツに登録された。

2014年は全13試合に出場し、最後の3試合に先発した。15回、275ヤード、3TDを記録している。

2015年は全12試合に出場し、5試合に先発した。13回、137ヤードを記録している。3年間で大学を卒業しており、テキサス・クリスチャン大学(TCU)に転校した。

2016年はTCUで全13試合に出場し、8試合に先発した。33回、442ヤード、3TDを記録している。SMU戦では6回で139ヤードと活躍し、75ヤードのTDを決めている。オクラホマ戦とジョージア戦でパスを2回投げているが、いずれも失敗だった。

2017年は全14試合に出場し、13試合に先発した。35回、575ヤード、3TDを記録している。ヤードはチームでトップ、レシーブ数とTDは3位だった。

オクラホマ大学と対戦したBIG 12のチャンピオンシップでは、5回、66ヤードを記録しており、第2Qには12ヤードのTDレシーブを決めている。

2017年はチーム・キャプテンを務めた。

 

プロデイでは40ヤード4.58秒だった。

サイズがあり、50/50のボールに強い。フィジカルに優れており、ボールを持って守備バックを蹂躙する。

 

審判レビューになった12ヤードのTDレシーブ


TCU's John Diarse makes a miraculous, 1-handed TD snag | Highlights | FOX COLLGE FOOTBALL

 

 

 

WR ジミー・ウィリアムズ 

#85 Jimmy Williams 5-11 194 Rシニア East Carolina

 

高校ではシニアの時にランで1,329ヤード、パスで974ヤード、計29TDを決めている。奨学金なしのウォークオンでECUに進学した。

2013年はレッドシャツに登録されたが解除されて4試合目から出場した。しかし、2試合に出場したところで左足を怪我して、シーズンエンドになった。

2014年は奨学金を得て9試合に出場し、1試合に先発した。左足首の怪我で2試合に欠場している。22回、254ヤード、1TDを記録した。

2015年は7試合に出場し、6試合に先発した。開幕からZレシーバーで5試合に先発したが、左足首を怪我して離脱し、最後の2試合で復帰した。15回、137ヤード、2TDを記録している。

2016年はZレシーバーで全12試合に先発した。45回、818ヤード、8TDを記録している。レシーブ数はチーム3位、ヤードは2位(どちらも1位はZay Jones)、TD8個と平均18.2ヤードはチームでトップだった。

2017年は(2013年シーズンがレッドシャツ扱いと認められ)5年目の出場資格を得た。Xレシーバーとして10試合に出場して、32回、447ヤード、3TDを記録している。

 

プロデイでは40ヤード4.50秒(4.47秒)だった。これはコンバインのWRだと15位にあたる。立ち幅跳び36.5インチは9位、垂直飛び10フィート6インチは6位、ベンチプレス16回は11位にあたる記録。

カウボーイズカーディナルス、ライオンズもワークアウトしており、ブロンコスはかなり早いうちから接触していて、ドラフト前にも電話していたという話。 

ビックプレイ能力がある。怪我歴の懸念がある。 

 

ハイライト動画(81番) 


Jimmy Williams ECU Highlights