読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

第4週 バイキングス戦の感想

ブロンコス 感想

NFL第4週、ホームのバイキングス戦が行われました。 

結果は23対20で薄氷の勝利。いつものパターンとなりました!(胃が痛い)

 

あまりチェックできてないのでサックリと・・・

 

 

欠場

  • 控 QB Trevor Siemian
  • 控 TE Mitchell Henry
  • 控 OG Shelley Smith
  • 先 OT Ty Sambrailo(肩)
  • 先 DE Derek Wolfe(出場停止)
  • 控 DE Kenny Anunike(膝)
  • 控 OLB Lerentee McCray
  • 控 DB/KR Omar Bolden(足)

先発LTサムブライロは怪我でアウト。契約したばかりのOTタイラー・ポランバスが試合登録。 先週欠場していたFBケイシー、ILBデイビス、CBウェブスターも試合登録。

 

 

  Q1Q2Q3Q4OT 
MIN (2-1) 0 10 0 10   20
DEN (3-0) 3 10 7 3   23

 

 

前半 13-10

  • DEN FG / パント、TDFG、INT、終
  • MIN* パント、パント / FG失敗、パント、FGTD

守備強し。FGで先制する。 第2Q、相手に良い位置から進まれたものの38ヤードFGは外れる。直後にRBヒルマンが78ヤード走ってTDを決める。さらにFGを追加して13点差のリード。しかしFGを1本決められ、残り32秒でマニングがINTを喫する。あっという間にTDを許し、3点差に追いつかれて前半を折り返す。Boo!!

 

後半 23-20

  • DEN* TD、パント / パント、INT、FG、終
  • MIN パント、パント / TDFG、FMB

最初のドライブで相手エンドゾーン前まで迫る。残り1ヤード、ギャンブルでマニングがTDを決めて10点差に突き放す。第4Q残り10分、4thダウン1のギャンブルでRBピーターソンに48ヤードのTDランをぶち抜かれる。さらにマニングのINTからFGで同点に追いつかれてしまう。残り2分、FGを決めて3点リード。最後はT.J.ウォードがサックでファンブルを誘発、ボールを奪って逃げ切った。はあー

守備で試合をリードしながら、攻撃のミスから追い付かれてしまいました。FG1本差、負けてもおかしくなかったですけど、最後も守備が決めてくれました。

  

 

 DENMIN
トータル 344 325
パス 27 - 200 - 1TD 41 - 212 - 1TD
ラン 24 - 144 - 1TD 21 - 113 - 1TD
1st ダウン 18 19
3rd ダウン 2/9 (22%) 6/16 (37%)
守備サック 7 2
守備 INT 0 2
FG 3/3 2/3
反則 8 - 40 9 - 63
時間 26:06 33:54

ボックススコア

 

 

QBマニング

17/27回(63.0%)、213ヤード、1TD、2INT、Rate 68.9

2個のINTを除けば、それほど悪くはなかった気もしますけど、そのINTが10失点に繋がってしまいました。これで4試合連続のINTになりますね…

1つ目のINTはレシーバーにも非がありそうだったですが、2つ目はパスが高くてコントロールが悪かったです。肩が弱いのはどうしようもないですけど、パスのタッチとか、細かいコントロールも悪いとなると… うーん、頑張ってほしい(40歳のハッセルバックも活躍してますし)

  

 

良かった

  • パスラッシュ(計7サック)
  • OLBデマーカス・ウェア&ボン・ミラー
  • SS T.J.ウォード(6タックル 2サック 1FF)
  • 最後のファンブル・フォース&リカバー
  • ラン守備(21回 113ヤード 1TD 平均5.1)
  • RBヒルマン72ヤードTDラン(11回 103ヤード 1TD 平均9.4)
  • OLBシェーン・レイ(初サック)
  • 後半最初のTDドライブ
  • 3rd&3で相手攻撃のダイレクトスナップのランを止める
  • Kブランドン・マクマナス(33, 47, 39ヤードのFG成功)
  • TEダニエルズのタックル(INTリターンを止めた)

 

この試合は7人で計7サックを記録。SS T.J.ウォードが2サックで、1つは最後の決勝ファンブル・フォースになりました。OLBウェア、OLBミラー、NTウィリアムズ、DLジャクソン、1巡指名のOLBレイ、2年目ILBネルソンもサックを決めていますね。OLBバレットもなかなか良いラッシュしてました。

ラン守備は、RBエイドリアン・ピーターソンに16回81ヤード1TD走られましたが、それでも48ヤードのTDランを除けば、15回33ヤード(平均2.2ヤード)だったので、よく止めた方だと思います。しかし、ギャンブルであの独走TDには参りました。

今シーズンはキッカーの話題が多いですけど、PATを蹴る距離が延びたことで、良いキッカーと悪いキッカーの差がより目立つようになったとも言われていますね。マクマナスの安定感は地味にありがたいです。

 

 

まあまあ?

  • パスプロ(被サック2個)
  • ラン攻撃(24回 144ヤード 1TD 平均6.0)
  • パス守備
  • WRファウラー(1回11ヤード)

 

ラン攻撃はこれまででは一番良かったかと思います。とはいってもRBヒルマンの72ヤード独走TDがなければ、23回72ヤード(平均3.13)になるんですけども。

QBブリッジウォーターは、27/41回(65.8%)269ヤード 1TD Rate 92.4でした。パスプロが良い時には、強烈なパスを通されましたし、必要な時にはスクランブルも走られました。あれだけラッシュを受けながらも、ターンオーバーは犯さない、冷静さが印象に残りました。それだけに最後のファンブルロストは大きかったですね。

 

 

悪かった

  • LTライアン・ハリス、RTマイケル・スコフィールド
  • Cマット・パラディスのランブロック
  • RB C.J.アンダーソン(11回 43ヤード 平均3.9)
  • NTシルベスター・ウィリアムズの大穴
  • CBロビー(8回投げられて6回86ヤードやられる)
  • 第3Qゴール前3ヤードから3回ランを止められる→ギャンブル
  • WRラティマー(怪我)、WRコールドウェル(INT)
  • QBスクランブルで走られる(2回21ヤード)

 

OLはLTサムブライロが欠場。RTハリスがLTに移動して、2年目RTスコフィールドが初先発となりました。スコフィールドは思ったより頑張っていましたけど、2人揃ってイリーガル・フォーメーションの反則をもらってましたね。パスプロに不安があるから後ろにセットしてしまうのかなーと。

RBアンダーソンはやはり遅いのか、前が空いていても一気に抜けられず、かといってタックルを振り払う強さもない感じ。先発交代はないという話ですが。うーん

NTウィリアムズは活躍してましたけど、RBピーターソンの独走TDランでは、相手OLにダブルチームで押されて大穴を空けていました(どうやら相手攻撃がシフトして、守備が対応しそこねたとか。ILBマーシャルが自分の担当するギャップをミスしたという話ですね)

WRコールドウェルはキャッチなし。INTされたプレイでターゲットになっていましたが、たいして出てないのに悪い時だけ目立つというか。あのINTにも責任があるように見えました。しかしラティマーはそれ以下という期待はずれぶり…

 

 

気になったこと

  • マニングはグローブなしだった
  • オマハで3回相手の反則をもらった
  • 2TEセットが多かった(ヒルマンの72ヤードTDランも)
  • WRノーウッドはキャッチがなかった(22スナップ出場)
  • 前半は攻撃時間が約10分、相手は約20分だった
  • キックオフが短かった(風?)
  • リターンチームは可もなく不可もなく(ミスしないだけマシかも)
  • ホームながらバイキングス・ファンの声がけっこう大きかった
  • WRデマリアス・トーマスは怪我で下がったけど戻った
  • 守備はここまで4試合で計18サック
  • 2012年にマニングが来てからホーム成績は24勝2敗らしい

 

 

DEデレク・ウルフが出場停止から復帰して、その枠を空けるために、ベテランのFB/TEジェイムズ・ケイシーが解雇されてますね。

ちょっと驚きましたけど、マニングのショットガン、ピストル攻撃では出番が限られますし、怪我もしていたので仕方ないでしょうか…

 

 

さて、次はアウェイでデルリオのレイダース戦。

同地区ライバルにはしっかり勝っておきたいところです!