読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

第2週 チーフス戦の感想

ブロンコス 感想

NFL第2週の木曜ゲーム、アウェイのチーフス戦が行われました。

結果は31対24で逆転勝利。劇的な最後で同地区対戦を制しています。

はあー疲れた・・・

 

 

欠場

  • 控 QB Trevor Siemian
  • 控 TE Mitchell Henry
  • 控 OG Shelley Smith
  • 先 DE Derek Wolfe(出場停止)
  • 控 DE Kenny Anunike
  • 控 LB Lerentee McCray
  • 控 CB Lorenzo Doss
  • 控 DB/KR Omar Bolden

 

 

DEN攻撃 (計299ヤード、パス45回236ヤード、ラン22回61ヤード)

  • 前半 パント、パント、パント、G失、INT(被TD)TDTD
  • 後半 パント、FG、パント、パント、TD

K.C攻撃 (計314ヤード、パス25回170ヤード、ラン29回144ヤード)

  • 前半 FMB、パント、FMB、TD、INT、終
  • 後半 FG、パント、パント、パント、INT、TDFMB(被TD)、終

FMB = ファンブルロスト、G失 = ギャンブル失敗

ボックススコア

  

  Q1 Q2 Q3 Q4 OT  
DEN (1-0) 0 14 3 14   31
K.C (1-0) 0 14 3 7   24

 

前半 14-14

守備は健闘。スコアは同点。第1Qは進まれながらも、ターンオーバーで無失点に耐える。しかし第2QにTDとマニングのピック6で一気に14点を奪われる。前半残り6分あまり、マニングのパスで1本取り返すと、CBアキブ・タリブのINTでゴール前から攻撃開始。2ミニッツで同点に追い付き前半終了。 

後半 31-24

FGとパント合戦で同点のまま、第4Q残り3分でTDを決められて7点リードされる。後がない攻撃は、マニングがパスを投げまくって80ヤード進み、残り40秒で同点TDを決める。延長戦かと思いきや、チーフスのRB Jチャールズがファンブル、CBロビーがボールを拾ってエンドゾーンへ。残り36秒で2TD、まさかの逆転で試合終了。 

正直、第4Qではもう負けたと覚悟していたので、なんだかティーボウの頃を思い出すような結末に思わず熱くなってしまいました!

 

 

QBペイトン・マニング

26/45回(57.8%)、256ヤード、3TD、1INT、Rate 86.9

被サック3個(2試合で7個)。この試合もオフェンスラインは脆く、ランも出ませんでした。ロングパスの精度には難があり、ブーツレッグとか動きながらのパス、ラッシュが迫って不十分な体勢からのパスはヘロヘロ。ピック6も1つやられましたけど、あわやINTというパスも4~5回はあったと思います(チーフスのミスに救われました)。

しかし、それでも第2Qと第4Qはノーハドルでリズムをつかんで3TDの活躍。ここぞという場面では勝負強さを見せてくれました。あきらかにショットガンの方が余裕があって、良い体勢から強いパスを投げていましたね。ランもショットガンから方が出てた気がしました。

ここまで2試合を終えて、クービアック攻撃とマニングの相性について、いろいろと言われ出していますけども(なんだかダン・リーブスとエルウェイみたいな)、マニングの攻撃をやるにしても、レシーバーの層がノーウッド、コールドウェル、ラティマーとかで大丈夫なのかなーと。うーん、どうなるんでしょうねえ。

 

 

良かった

  • 祝70000ヤード
  • WRエマニュエル・サンダース(8回 87ヤード 2TD)
  • WRデマリアス・トーマス(8回 116ヤード)
  • OLBデマーカス・ウェア(1サック)
  • OLBボン・ミラー(通算50サック)
  • ターンオーバー5個奪取(INT2個、ファンブル3個)
  • 3rdダウン更新阻止(0/7回 0%)
  • CBアキブ・タリブとCBクリス・ハリスのINT
  • 第2Qと第4Q最後のパス攻撃
  • Kブランドン・マクマナス(54ヤードFG成功)
  • 第4QにWRマクリンのトリックプレイを阻止
  • LBブランドン・マーシャル(ファンブル誘発)
  • CBブラッドリー・ロビー(ファンブル・リターンTD)

 

祝70000ヤード。マニングはブレット・ファーヴに次ぐ史上2人目の通算70000ヤードを突破。 素晴らしい記録を勝利で飾れてよかったです。

守備は3rdダウンの更新を1回も許さず。デマーカス・ウェアは2試合連続のサックを記録し、ボン・ミラーも史上3番目の早さとなる58試合での通算50サックを達成(1位はレジー・ホワイトの40試合、2位はデリック・トーマスの54試合)。CBアキブ・タリブは2試合連続のINTを記録。アグレッシブな3-4守備で活躍していますね。

QBアスミスは16/25回(64%)、191ヤード、0TD、2INT、Rate 53.9でした。

この試合は相手のファンブル3個をリカバー。チーフスのRBジャーマール・チャールズは2回ファンブルしていますけど、どうやら試合中に、ボールの持ち方がルーズだと気がついていて、最後もそこを狙っていたという話ですね。

 

 

悪かった

  • 第2Qで一気に14点差を付けられた展開
  • オフェンスライン(被サック3個)
  • LGエヴァン・マシス、LTタイ・サムブライロ
  • ラン攻撃(22回 66ヤード 0TD 平均3ヤード)
  • RB C.J.アンダーソン(12回 27ヤード 平均2.3ヤード)
  • 第2Qギャンブル失敗の判断
  • ラン守備(29回 144ヤード 1TD 平均4.96ヤード喪失)
  • 守備の反則(5個)
  • 無駄なタイムアウトの消費
  • SS T.J.ウォード(最後に足がつって下がる)

 

オフェンスラインはこの試合も良くなかったですね。チーフスのジャスティン・ヒューストンにぶち抜かれて2サックを献上。特にLGエヴァン・マシスのやられっぷりにはがっかりしました。

ラン攻撃も足を引っ張りました。第2Qにギャンブル失敗となったプレイも(いろいろグダグダがありましたけど)、そもそもは2nd&1、3rd&1のランを連続で止められたのが原因でした。

C.J.アンダーソンのラン12回 14, 0, 1, 0, 3, 1, 0, 0, 11, -3, 0, 0

ヒルマンのラン9回 0, 7, 0, 3, 16, 7, 0, 0, 1

数えてみたところ、この試合はラン21回のうち、ノーゲインが10回、マイナスが1回というありさま。4ヤード以上出たのはわずか5回だけ・・・

特にC.Jアンダーソンは怪我のせいなのか、なんだか遅く見えました。昨年みたいなパワーも感じられない。OLが悪いので仕方ないですけど、CJは個人技で走るタイプではないですし今後どうなんでしょうね。

他だと、タイムアウトの使い方が雑。敵地とはいえ、ディレイで無駄にタイムアウトを取っている場面(4回?)が多くて、クービアックも「誰だ? 俺はタイムアウト取ってないぞ?」と不満顔。

反則も8回85ヤード喪失。特に前半は守備がラフィング・ザ・パサー、アンネセ、オフサイドと次々に馬鹿な反則を繰り返して、クービアックもファンも激怒でした。後半は落ち着きましたけど。

しかし、勝ったから良かったものの、けっこうダメなところも多かったですよね。内容的にはブロンコスの奮闘60%、チーフスの自滅40%くらいの印象かもです。

 

 

気になったこと

  • 湿気があって蒸し暑かったもよう
  • KRは怪我人に代わってWRコールドウェルが入っていた
  • OLBボン・ミラーの変なダンス 
  • ボンさん「TEケルシーは偽グロンコウスキー」発言
  • チーフスの30番CBジャメル・フレミングを狙っていた
  • チーフスの1巡新人CBピータースは要注意
  • 試合後のマニングは珍しく笑顔で感情的になっていた
  • 13試合連続同地区アウェイ勝利はリーグ新記録らしい

 

 

ゲームボールを渡す場面(あばうと訳)

  • クービアック「今日のゲームボールは2個だ。最後のファンブルフォースを決めた54番どこだ?」
  • チームメイト「B!」「アンクルB、スピーチしろよ!」
  • Bマーシャル「スピーチというか… グレート・ファッキン・ウイン!」
  • チームメイト「いえーい!」
  • クービアック「2個目のゲームボールは通算70000ヤードを突破した~」
  • チームメイト「パパ・ジョーンズ!」(笑)
  • マニング「えーと、マーシャルと同じでスピーチは得意じゃないので… グレート・ファッキン・ウイン!」
  • チームメイト「いえーーーい!」
  • みんなで「1!2!3! ゴー!ブロンコス!」

公式サイトの動画:Postgame victory speech

 

 

うーん、また無駄に長い感想記事になってしまいました(反省)

 

さてさて、第3週はサンデーナイト、アウェイのライオンズ戦。

ゆっくり休んで、次も頑張ってほしいですね!