読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

ロスターの確認 攻撃編1

サッカーのW杯も終わりまして、いよいよNFLのトレーニング・キャンプが始まりますね。

ブロンコスも現地24日からスタートということで、その前に現在のロスターを確認しておきたいと思います。いつのまにかよく知らない選手と契約していたりするので、そういうちょっとマイナーな選手について注目してみました。今回は攻撃編1です。

赤色は新加入の選手。選手名にはWikipedia(英文)などのリンクを付けてあります。

ブロンコスのトレーニングキャンプ日程(公式サイト)

 

 

クォーターバック

  • 18 Peyton Manning    6-5 230 17 (2012年IND)
  • 17 Brock Osweiler    6-8 240 3 (2012年2巡)
  • 2 Zac Dysert       6-3 221 2 (2013年7巡)
  • 9 Bryn Renner      6-3 228 R (2014年UDFA)

 下の2人が3番目を争うのかなと思います。

 

ランニングバック

  • 28 Montee Ball      5-10 215 2 (2013年2巡)
  • 23 Ronnie Hillman    5-10 195 3 (2012年3巡)
  • 22 C.J.Anderson     5-8 224 2 (2013年UDFA)
  • 33 Jerodis Williams    5-10 203 1 (2014年MIN)
  • 35 Kapri Bibbs       5-9 212 R (2014年UDFA)
  • 34 Brennan Clay     5-11 202 R (2014年UDFA)
  • 40 Juwan Thompson   5-11 225 R (2014年UDFA)

モレノが移籍して、2年目のMontee Ballが先発予定。C.J.Andersonもスリーパー的な注目株と言われてますね。ドラフト外の3人にも生き残るチャンスはありそうです。

Jerodis Williamsは、2013年バイキングスのドラフト外で開幕前にカット。今年1月にブロンコスとフューチャー契約しました。Furman大学ではリターン・スペシャリストとして、FCSのオール・アメリカンにも選ばれていた選手だそうです。

 

ワイドレシーバー

  • 88 Demaryius Thomas 6-3 229 5 (2011年1巡)
  • 10 Emmanuel Sanders 5-11 180 5 (2014年PIT)
  • 83 Wes Welker      5-9 185 11 (2013年N.E)
  • 12 Andre Caldwell    6-0 200 7 (2012年CIN)
  • 14 Cody Latimer     6-2 215 R (2014年2巡)
  • 11 Jordan Norwood   5-11 180 5 (2014年T.B)
  • 13 Nathan Palmer    5-11 198 2 (2013年MIA)
  • 15 Greg Wilson      6-0 185 1 (2013年UDFA)
  • 19 Isaiah Burse      5-10 188 R (2014年UDFA)
  • 16 Bennie Fowler     6-1 217 R (2014年UDFA)
  • 87 Greg Hardin      5-10 171 R (2014年UDFA)

デッカーが移籍して、新戦力はEmmanuel Sandersと、新人のCody Latimerを補強してますね。上の5人はほぼ間違いなさそうです。WelkerもSandersもパントリターンを経験していますが、リターナーで6人目をキープするのか気になります。

5年目のJordan Norwoodは、2009年ブラウンズのドラフト外で、先発4試合(出場17試合)、通算36回405ヤード1TDを記録。2013年は開幕前にカットされ、バッカニアーズと契約するも即解雇。今年1月にフューチャー契約しました。

Nathan Palmerは2012年49ersドラフト外で、PS登録されていたのをコルツがロスター契約。2013年に解雇され、ドルフィンズのPS登録を経て、12月にブロンコスとPS契約していました。コルツで2012年に5試合出場しています。

Greg Wilsonは2013年のドラフト外で、49ersの新人キャンプに参加するも契約には至らず。ソーラーパワーの会社でセールスマンをしていたところ、スーパーボウルの2週間前にブロンコスとPS契約して、ちょっと話題になりました。大学はFordhamで2年間先発していました。

 

タイトエンド

2012年から上の4人組でやってきましたけど、今年はベテランがサラリーキャップの犠牲になるかもしれませんね。Virgil Greenは出番が増えそうです。

Gerell Robinsonは元々2012年ブロンコスドラフト外WRで、同年2巡指名のQB Brock Osweilerとはアリゾナ州立大学のチームメイトでした。開幕前に解雇、カーディナルスとPS契約、そして2013年にブロンコスとPS契約。今年からTEにコンバートされています。

Cameron Morrahは2009年シーホークスの7巡指名。2013年は49ers、ライオンズとの契約・解雇を経て、今年1月にブロンコスとフューチャー契約。シーホークスでの3年間で先発7試合(出場27試合)、通算16回194ヤードを記録しています。

Jameson Konzは2010年シーホークスの7巡指名WRで、2011年からTEに移動。しかしトレーニング・キャンプで守備に怪我人が続出すると、練習でDEやLBとして使われて注目されるようになり、プレシーズンでサックも決めたそうです。2011年はスペシャルチームでACLを断裂。2013年に解雇されると、12月にカウボーイズとPS契約。1月にブロンコスとフューチャー契約してました。

 

 

ロスターの確認 攻撃編2に続きます。