ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

プレ3 ラムズ戦

プレシーズン3週目、ホームのラムズ戦です。

 

 

  Q1Q2Q3Q4OT 
LA (2-0) 3 6 0 0   9
DEN (1-1) 0 10 7 0   17

 

ラムズ攻撃をFG3本に抑えて勝利。後半は相手の4thダウン・ギャンブルを3回阻止して逃げ切りました。

 

www.youtube.com

 

 

主な欠場選手 

  • 控 WR Bennie Fowler
  • 先 TE Jeff Heuerman
  • 控 TE Garrett Graham
  • 先 OL Ty Sambrailo
  • 控 OL Darrion Weems
  • 先 DE Derek Wolfe
  • 先 OLB DeMarcus Ware

CBアキブ・タリブは先発。脳震盪のOLウィームズと、個人的理由でチームを離れているDEウルフは欠場。

 

  

 

QBトレバー・シーミアン

10/17回(58.8%)、122ヤード、1TD、1INT、Rate 76.1

先発して前半まるまる出場。3&アウト(ラン3回)、パント(ラン3回)、ギャンブル失敗(ラン)、INT、TDパス、FGという結果でした。

最初の2シリーズは6連続ランでパス無し。ギャンブル失敗も4th&1でランが止められました。INTはWRラティマーがボールを弾いて相手DBに取られてしまった感じ。

ラムズの守備が控え組に代わったあたりから攻撃は進みだして、最後はTEグリーンにTDパス。前半残り47秒からのドライブもFGで終わりましたが、あわやINTという危ないプレイもありました。

コツコツ安全運転なのはチームに合っている印象ですが、良いとこ、悪いとこ、どっちもあって、まだまだ不安の残るプレイぶり。しかし、開幕戦の先発はまず決まったのかなと思います。

 

www.youtube.com

 

 

QBパクストン・リンチ

6/13回(46.2%)、57ヤード、0TD、0INT、Rate 58.8

後半まるまる出場。3&アウト(短い)、TD(RBラン)、3&アウト、3&アウト(投げ捨て)、パント、パント、パントと冴えない結果。

控えのレシーバーたちに足を引っ張られた感じもありましたけど、もうちょっと結果を出してほしかったですね。

 

 

QB マーク・サンチェス

出番なし。前半はシーミアン、残りはリンチで行くと、試合の朝に告げられていたそうです。放出の可能性も出てきましたが、もしカットすればキャップを3.5ミリオンほど節約できて、来年の7巡指名権を失わずに済むようです・・・

 

 

 

攻撃ライン

先発はLTラッセル・オクーン(新加入)、LGガルシア(2年目)、Cパラディス、RGスコフィールド、RTスティーブンソン(新加入)でした。

ウィームズの代わりに入っているスコフィールドは、タックルでは酷評されていますが、ガードでは悪くないという話も。やっぱしガード向きなんでしょうか。

 

 

守備ライン

先発はDEジャレド・クリック(新加入)、NTウィリアムズ、DEアダム・ゴトシス(2巡新人)でした。デレク・ウルフが欠場したので、ゴトシスが入っていましたね。

契約したばかりのベテランDEヘンリー・メルトンもけっこう出ていて気になったのですが、DCウエイド・フィリップスも「契約したばかりでよくやっていた」と語っていました。

 

 

パンター問題

この試合は7巡新人のディクソンがすべてのパントを蹴って(ホルダーも務めて)いてなかなか良かったようですね。キャンプではベテランのコルクィットの方が良かったという話でしたけど、チームは契約(基本給3.25ミリオン)の見直しを要求していて、減俸に応じなければ放出という立場になっているようです。

 

 

WRデマリアス・トーマスの片手キャッチ

 

 

 

良かった!

  • 先発RB C.J.アンダーソン(11回50ヤード) 
  • 新人RB デボンテ・ブッカー(レシーブ1回17ヤード)
  • 控えRB ロニー・ヒルマン(5回45ヤード1TD)
  • 新加入OLB デコタ・ワットソン(2.5サック)
  • ドラ外新人OLB サダット・サリマン(2サック&FF)
  • 控えILB ゼイアー・アンダーソン(7タックル)
  • CBブラッドリー・ロビーとCBケイボン・ウエブスター
  • 守備の3rdダウン阻止率(2/15 13%)
  • 守備の4thダウン阻止率(0/3 0%)

 

ラムズの先発守備には苦戦したものの、ラン攻撃(120ヤード)はなかなか良かった印象。新人ブッカーはキャッチでも滑らかにヤードを稼いでいました。1年2ミリオン契約のヒルマンは当落線上で厳しいかと思っていましたけど、生き残りを賭けて必死のアピールをしていて結果を出していますね。

新加入の7年目OLBデコタ・ワットソンはプレシーズンで活躍中。この試合も2.5サックを決めて3試合で計4サックを記録。層の厚いOLBの5番目に入ったでしょうか。

守備は今年もやってくれそう。 

 

 

いまいち・・・

  • CB アキブ・タリブ(アンネセ反則)
  • 控えOL カイル・ロバーツ(4thダウンで反則)
  • 控えC ディロン・デイ
  • 控えCBロレンゾ・ドスとCBトリアン・ニクソンの反則で更新
  • 控えレシーバー
  • 第4QラムズのRB テレンス・マギーに73ヤードのランを走られた

 

CBアキブ・タリブは、スクランブルで外に出ようとするQBキーナムをレイトヒットしてアンネセの反則。足の具合は大丈夫そうでしたけど、反則の後は下がってお役御免となりました。うーん

 

 

気になったこと

  • WRデマリアス・トーマスの落球
  • WRラティマーがリターナー起用されていた(しかし怪我)
  • ラムズのQBゴフが激しいヒットを受けて下がった(尾骨を負傷)
  • ゴフは4/12回、45ヤードの成績だった

 

 

怪我人

RB C.J.アンダーソンは耳を切って下がるも復帰。WRラティマーがパントリターンで膝を負傷してアウト(シリアスではなさそう)。FBジャノビッチも肩を負傷。

 

 

既視感(デジャヴ)

エルウェイスーパーボウルに勝利して引退した翌年、ベテランQBのバビー・ブリスター(背番号6)が先発すると予想されていましたが、プレシーズンでの出来が悪く、先発経験のない2年目のブライアン・グリーシーが先発に起用されて開幕4連敗。最終的には6勝10敗でシーズンを終えました。

マニングがスーパーボウルに勝利して引退した翌年、ベテランQBのマーク・サンチェス(背番号6)が先発すると予想されていましたが、プレシーズンでの出来が悪く、先発経験のない2年目のトレバー・シーミアンが・・・

 

 

 

さて、今後の予定は以下のようになっとります。

  • 現地8月30日、ロスターを75人に減らす期限
  • 現地9月1日、プレシーズン第4週のカーディナルス
  • 現地9月3日、ロスターを53人に減らす期限
  • 現地9月8日、シーズン開幕試合、第1週のパンサーズ戦

 

  

広告を非表示にする