読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

第8週 チャージャーズ戦の感想

ブロンコス 感想

NFL2014シーズン第8週木曜ゲーム、ホームでのチャージャーズ戦が行われました。

 

1Q

  • なし

2Q

  • DEN QBマニングからWRサンダースへの2ヤードTDパス (7-0)
  • S.D QBリバースからWRアレンへの2ヤードTDパス (7-7)
  • DEN QBマニングからWRサンダースへの31ヤードTDパス (14-7)

3Q

  • DEN QBリバースのパスをCBハリスがINT
  • DEN QBマニングからWRサンダースへの3ヤードTDパス (21-7)
  • DEN RBトンプソンの2ヤードTDラン (28-7)
  • S.D ギャンブル成功。QBリバースからTEゲイツへの4ヤードTDパス (28-14)

4Q

  • DEN RBトンプソンの1ヤードTDラン (35-14)
  • S.D QBリバースからTEゲイツへの10ヤードTDパス (35-21)
  • DEN Kマクマナスの53ヤードFG失敗
  • DEN QBリバースのパスをFSムーアがINT

 

5勝1敗のブロンコス VS 5勝2敗のチャージャース
AFC西地区の首位決戦は、35対21の勝利、となりました。

 

この試合は第1Qを両チーム無得点で終えた後、スコアが動きはじめました。

第2Q、7対7の同点から、残り39秒にQBマニングがTDパスを決め、7点のリードで前半を折り返します。さらに後半スタートのチャージャース攻撃からINTを奪ってターンオーバー。そこからブロンコスが2TDを連取して28対7の21点差にリードを広げました。この第2Qから第3Qの攻防は大きかったですね。

チャージャースは第3Qから反撃を開始。ブロンコス守備も相手をゴール前で3回止めますが、4thダウン・ギャンブルでTEゲイツにTDをヒットされてしまいました。TEゲイツには前半に20ヤードの3rdダウンを更新されたり、第4QにもTDを決められるなどやられました。

第4Q残り6分、ブロンコスは14点差リードから、決まればほぼ試合終了になる53ヤードFGを失敗。嫌な流れになりましたけど、最後はQBリバースのパスを再びINTして逃げきりました。

 

 

欠場

怪我のRBモンティ・ボールがアウト。脳震盪のCBオマー・ボールディン、控えLBスティーヴン・ジョンソンもお休み。PSから昇格したドラフト外新人RB カプリ・ビブス、いつものOGガーランド、新人RTスコフィールド、DTアンレインが登録外。2巡新人WRラティマーは開幕週以来の試合登録になりましたけど、攻撃での出場はなかったようです。

 

勝因?

攻撃は計425ヤード獲得。パスは286ヤードで、WRサンダースが120ヤード3TDと大活躍。ランは27回139ヤード2TD。RBヒルマンが後半74ヤード稼いで計109ヤード。RBトンプソンもゴール前で2TDと決定力がありました。

守備は計396ヤード喪失。ランは相手を61ヤードに抑えました。パス守備は245ヤード3TDながら2INTを奪取。後半に2TDと追撃されますが、最後にFSムーアがINTで試合を決めました。

チャージャースはCBフラワーズが脳震盪で欠場。1巡新人CBバレットも肩の怪我が悪化して途中退場。RBマシューズ、LBイングラムなど、怪我人の多さも影響しましたね。

 

ペイトン・マニング

  • 前半 14/19回、73.7%、174ヤード、2TD
  • 後半 11/16回、68.7%、112ヤード、1TD
  • 合計 25/35回、71.4%、286ヤード、3TD、Rating 124.2

マニングはキャリア90回目の1試合3TDパスを記録する活躍。以上!

 

ラン守備

この試合は計61ヤードの喪失でしたけど、試合最後のプレイで無意味な23ヤードを走られるまでは、RBオリバーを12回13ヤード(平均1.1ヤード)に抑えていました。ロスタックルも多かったですね。ラン守備はここ3試合、カーディナルスを37ヤード、ジェッツを31ヤード、49ersを62ヤードに抑えていて、いつのまにかリーグ1位になってます。頼もしいですね。

 

キックオフのファンブル判定

同点の第2QにWRコールドウェルがキックオフ・リターンでファンブル。審判はチャージャースのリカバーと判定しましたが、自動レビューで「ボールを失う前に、反対側の腕が地面に付いてダウンしていた」として、ターンオーバーは取り消され、ブロンコスのボールになりました。

試合の映像では、どっちに転んでも不思議ではないように見えたのですが、後でスロー映像を細かくチェックすると、たしかにボールが腕からかき出されて動き出す前に、腕の肘先が地面に付いているのが確認できます。ただ、微妙な時には審判の判定がそのまま動かないことが多いので、 ひっくり返る可能性は低いと予想していました。そういう意味ではラッキーな判定になったのかなと思います。

WRコールドウェルは今シーズンわずか2回16ヤードのレシーブ。たまに出てきても落球ばかりという印象です。なのにキックオフでファンブルして「いつまで使ってるんだ」という意見は多そうですね・・・

 

気になったこと

  • コイントスに負けて先攻スタート
  • この試合もRTポール・コーニックが先発。 なかなか良かったもよう
  • センターのスナップが低くてマニングがファンブル&自らリカバー
  • オフェンスラインは反則(3回)も目立った
  • ブロンコス攻撃はレッドゾーンでの決定力が高い(1位)
  • LBボン・ミラーは1サック(計9サック)。ダブルチームされていた
  • TEジュリアス・トーマスは先週からあまり良くない気がする
  • DLマリク・ジャクソンは活躍しているけど、無駄な反則が多い
  • CBハリスは今シーズン2個目のINT
  • WRサンダースは身長(5-11)の割に高いボールもよくキャッチする印象
  • LBボン・ミラーは痛んで下がるもすぐに復帰
  • 第3QにRBヒルマンの33ヤードTDランがOLの反則で取り消し (´・ω・`)
  • SのT.J.ウォード(ムーアとカーターも)はTEゲイツに苦戦
  • 第4QにマニングのパスがエンドゾーンでINTされるも守備の反則で取り消し
  • WRサンダースがファンブル、WRウェルカーがまたリカバー
  • WRウェルカーは地味ながら大事なとこでキャッチ&更新&リカバー
  • LBマーシャルとCBタリブはRBオリバーへのパスをきっちりタックルしていた
  • Kマクマナスは53ヤードFG失敗
  • RBヒルマンは今シーズン2試合目のラン100ヤード超
  • 最後の攻撃中にファンの声援がうるさくてRTコーニックが反則をやらかす
  • マニングは声援を煽る映像を流したスコアボードのスタッフに激怒!
  • ブロンコスは2012年からホームで19勝2敗

 

 

次はシーズン前半最後の山場、アウェイのペイトリオッツ戦ですね。

ここで勝てれば、この先のプレイオフ争いで大きなアドバンテージを得ることができます。フォックスボロで大変な試合ですけど、なんとか勝ちたいですね。

 

そういえば、NFLのトレードの期限が現地28日(火曜日)となっています。

ブロンコスでは、6番目CBトニー・カーターがトレード候補になるのでは、という予想もあるようですね。WRウェルカーはどうなんだ?という意見もあるみたいですけど、こっちはまず無さそうです。ほとんどメリットないですし。