ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

ドラフト候補 OL 1

2021年のNFLドラフト候補を紹介する7回目。

ダニエル・ジェレマイア氏の「トップ50」から、ドラフト候補となる選手たちの評価を確認します。

 

攻撃ライン編の1回目、上位の3人です。

  • 06位 ラショーン・スレーター(ノースウエスタン)
  • 10位 ペネイ・スウェル(オレゴン
  • 14位 アライジャ・ヴェラ・タッカー(USC)
  • 24位 ジェイレン・メイフィールド(ミシガン)
  • 28位 クリスチャン・ダリソウ(バージニア工科)
  • 30位 テヴィン・ジェンキンスオクラホマ州立)
  • 44位 ランドン・ディッカーソン(アラバマ
  • 46位 ジェームス・ハドソン(シンシナチ)
  • 48位 ディロン・レイダンズ(ノースダコタ州立)
  • 49位 リアム・アイケンバーグ(ノートルダム

 

Daniel Jeremiah's top 50: 2021 NFL Draft prospect rankings 1.0

 

 

6位 OT ラショーン・スレーター

Rashawn Slater / 身長6-4 体重304 腕33 / Northwestern / シニア

わずかにサイズの小さい攻撃タックル。素晴らしい膝の柔軟性、足の素早さ、バランスでプレイする。パスプロではスタンスの体勢から急発進し、手の位置をうまく修正してインサイドのポジションを保持する。重心を落としてアンカーを固定する前に少し押し込まれる。もっとも優れた特性は、ポジションを悪くした際にリカバーする能力である。ラン攻撃では、セカンドレベルに上がる際に敏捷かつ迅速にプレイする。ブロックのアングルに優れており、ラインバッカーをカット・オフする点に関しては私がこれまで見てきた選手の中でもベストのひとりだ。正面から守備選手をノックバックさせる一流のパワーはないものの、足を動かして相手に密着し続ける。優れた判断能力がある。全体として、理想的な長さは欠いているかもしれないが、それは彼にとって障害にはならず、レフトタックルで活躍できると思っている。もしもチームが内側のガードとして起用する決断をした場合、すぐにプロボウル級の選手になれるはずだ。

 

2017年は1年目のフレッシュマンながらライトタックルで12試合に先発。2018年も14試合に先発。2019年はレフトタックルに移動して11試合に先発し、ひとつもサックを許していないそうです。

2020年はコ口ナ禍でBig Tenがシーズン中止を発表すると、オプトアウトしてドラフトに備えることを表明。後にBig Tenは決定を覆して10月からの短縮シーズンを承認しましたが、決断を変えることなくそのまま1年休みました。右で26試合、左で11試合、3年間で通算37試合の先発経験があります。

パワーよりは運動能力に優れているタイプで、体格的にプロではガードの方が適しているという評価も多いです。トップ15予想

 

レフトタックル 70番

www.youtube.com

 

 

 

10位 OT ペネイ・スウェル

Penei Sewell / 身長6-6 体重325 / Oregon / 20歳 ジュニア

巨大なフレーム、素早い足、強い手がある。パスプロではクイックな足でキックアウトし、スピードのあるパスラッシャーをカバーする。手がワイドになりすぎる時があり、そのせいで守備選手に懐に入り込まれることがある(2019年のオーバーン大学戦、DTデリック・ブラウンとの対戦を参照)。しかし、ロックオンしている時には密着してたいていは勝つ。膝を曲げて重心を落とす能力を備えているが、時に直立してしまうことがある。ランブロックではスペシャルなことができる。正面から守備選手を引き抜き、プルでの爆発力もある。彼のテープを確認するほどに、バランスに関して懸念を感じた。時に突っ込んでしまい、地面に転がっていることが多すぎる。全体として、今年のドラフト組でもっとも洗練されたブロッカーではないにしろ、もっとも伸びしろのある選手だ。

 

アメリカ領サモア出身。2018年は1年目から7試合に先発(怪我で6試合を欠場)して、ひとつもサックを許さない活躍。同校でトゥルー・フレッシュマンが開幕から先発したのは1997年以来だったそうです。

2019年はレフトタックルで13試合に先発。PFFからOL史上最高となる95.5の評価を受ける圧倒的な活躍により、満場一致のAll-Americanに選出され、Outland Trophy(大学最優秀ラインマン賞)も獲得しています。

2020年はコ口ナ禍のためオプトアウトを表明して1年間休み。大学2年間で計20試合に先発しており、許したサックはひとつだけでした。まだ20歳で巨大で動ける。大学ナンバー1評価のレフトタックルということで、ほとんどのモックドラフトではトップ5の指名が予想されていますね。最高だと全体2位で消えるかもしれません。

 

レフトタックル 58番

www.youtube.com

 

 

 

14位 OT アライジャ・ヴェラ・タッカー

Alijah Vera-Tucker / 身長6-5 体重308 腕32.1 / USC / 21歳 RSジュニア

今年のドラフトでもっとも安全な指名のひとり。2019年はガードでとてもハイレベルなプレイをしており、2020年はタックルで傑出した結果を出している。パスプロでは素晴らしい強さ、バランス、意識でプレイする。スタンスから素早く起動し、鋭くクイックなパンチがある。膝を曲げることができ、うまく相手に密着し続ける。時にアンダーセットする(内側のラッシュを警戒して外にセットしない)ことがあり、守備選手にエッジをとられてしまうが、素早くリカバーして相手にポケットの外を周らせる。パワーラッシャーに対してはしゃがんで突撃を素早く止める。ラン攻撃では相手を固定、コントロールし、ダウンブロックで動きを生み出すことができる。素晴らしいアングルでセカンドレベルまで上がり、コンボブロックの感覚に優れている。もっともダイナミックなアスリートというわけではないが、常にコントロールされており、悪いポジションに置かれることは滅多にない。タックルをやれるチャンスがあると思っているが、理想的にはガードをやる方が適している。彼は1日目から先発できる即戦力の選手だ。

 

1年目はレッドシャツ。2018年は控えのライトガードで出場。2019年はレフトガードに移動して全13試合に先発しています。

2020年はコ口ナ禍でPac-12がシーズンの中止を発表したため、一度はオプトアウトを表明しましたが、後にシーズンの開催が決定されると撤回。空席になっていたレフトタックルに入って全6試合に先発し、ひとつしかサックを許さない活躍で All-Pac12に選出されています。

内側も外側も経験している万能性がありますが、プロではガード向きという評価のようですね。1巡中位あたりの予想が多いです。

 

レフトタックル 75番

www.youtube.com

 

 

 

昨年のドラフトは攻撃ラインが豊作だったですが、今年も層が厚いと言われていますね。ただ(仕方ないとはいえ)オプトアウトして1年間試合に出ていない選手もいたり、例年より先発経験の少ない選手が目立っている感じがします。

 

ブロンコスが上位指名するとしたらライトタックルになるのかなと思いますが、ここは(昨シーズンはオプトアウトで休んだ)高額サラリーのRT ジャワーン・ジェームズが戻って来るので、今のところは1巡で指名する余裕はなさそうです。

 

 

その他のドラフト候補はこちら

ドラフト候補トップ50の一覧 2021