ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

ドラフト候補 WR 2

2021年のNFLドラフト候補を紹介する6回目。

ダニエル・ジェレマイア氏の「トップ50」から、ドラフト候補となる選手たちの評価を確認します。

 

ワイドレシーバー編の2回目、下位の4人です。

  • 02位 ジャマー・チェイス(LSU)
  • 07位 デボンテ・スミス(アラバマ
  • 08位 ジェイレン・ワドル(アラバマ
  • 20位 カダリアス・トニー(フロリダ)
  • 31位 トゥトゥ・アットウェル(ルイビル
  • 36位 テレス・マーシャル Jr.(LSU)
  • 43位 イライジャ・ムーア(ミシシッピー)

 

Daniel Jeremiah's top 50: 2021 NFL Draft prospect rankings 1.0

 

 

20位 WR カダリアス・トニー

Kadarius Toney / 身長5-11 体重194 / Florida / 22歳 シニア

バーサタイル(万能)で爆発的なプレイメイカー。スロットに位置し、フライ・スイープ(モーションしてQBからボールを受けて走るラン)やシーム・ルートで活躍する。プレイでの強さ、爆発力、相手をかわす細かい動きにより、ボールを持つと地面に倒すのが難しい。多彩なルートを走っているわけではないが、このエリアで成長できるだけの技能はある。運動能力と恐れ知らずのスタイルにより、リターンで脅威になれる。WRディーボ・サミュエル(49ers)ほど大きくはないものの、プロでは似たような役割をすると想像している。

 

最初の3年間は期待されたほど活躍できていませんでしたが、2020年はQB Kyle Traskの活躍もあって大きく飛躍し、11試合でレシーブ70回、984ヤード、10TDを記録しています。ラン、パントリターン、キックオフリターンでも貢献しており、リターンスペシャリストとレシーバーでAll-SECに選ばれました。

2019年は怪我で6試合を欠場。1年目の2017年も無数の怪我と戦いながらプレイしていたという話です。PFFによると過去2年間で守備に29個のミスタックルを記録させているそうで、レシーブ、ラン、リターンで貢献できる危険な選手と評価されていますね。キャラクターの懸念により少し落ちる可能性も指摘されていますが、今のところ1巡指名の予想が多いです。

 

www.youtube.com

 

 

 

30位 WR トゥトゥ・アットウェル

Tutu Atwell / 身長5-9 体重153 / Louisville / 21歳 ジュニア

サイズの小さいレシーバーで、背中に見えないジェット噴射パックがあるようなプレイをする。大学では主にスロットに入っていた。まれに見る爆発力があり、あっという間にトップスピードまで加速する。縦のルートでは一貫して守備選手と5ヤードの間隔を作り出し、ボールが空中にある時にはさらにギアを上げて加速できる。大学では多彩なルートを走るように求められていなかったが、ルーズかつ流動的なのでプロではより多くの仕事をこなせるはずだ。バブル・スクリーン、クイックなパス、ジェット・スイープ(横に走るラン)で活躍する。タフではあるが、タックルをブレイクする強さは欠いている。幸いにもスペースでは守備選手を避けてかわせるスピードがある。プロではオフェンスにとって楽しみな武器になるだろう。彼はフィールドのどこからでも得点することができる。

  

本名はChatarius Atwellで、高校時代はランとパスで活躍したQBだったそうです。大学でレシーバーに転向しましたが、1年目から控えで全試合に出場しています。

2019年は11試合に先発してレシーブ70回、ACCでトップの1,276ヤードと12TDを記録する活躍で All-ACCにも選出。2020年は怪我と相手チームのマークもあって数字を落とし、9試合で46回、625ヤード、7TDの成績でした。

40ヤード走で4.27秒を記録したことがあるという、スピードが武器のスロット・レシーバーですね。いくらかバルクアップしているそうですが、かなり軽量なのは気になります。一般的な評価だと2日目くらいの予想が多いようです。 

 

www.youtube.com

 

 

 

36位 WR テレス・マーシャル Jr.

Terrace Marshall Jr. / 身長6-4 体重200 / LSU / 20歳 ジュニア

長身で長さのあるアスレチックなレシーバー。スロットと外側どちらでもプレイしている。シーム、コーナー、ポストなどのルートで、縦に走るターゲットとしてもっとも活躍できる。スムーズかつ楽なストライドで走り、ダウンフィールドで加速する。キビキビとしたルートランナーではないものの、身体を使って守備選手をシールドする方法を理解している。私が確認したテープではいくつか落球があったが、その分はビックプレイで帳消しにしている。キャッチ後はとてもフィジカルで競争心がある。多くのタックルをブレイクする。まだすべてを使いこなせてはいないが、プロで手堅い第2レシーバーになれるだけの能力をすべて備えている。

 

LSUから2人目のレシーバーですね。全米優勝した2019年は怪我で3試合を欠場しながらも、WRジャスティン・ジェファーソン(現バイキングス)、WRジャマー・チェイスに続く3番目のレシーバーとして46回、671ヤード、13TDと活躍しています。

2020年は(チェイスがオプトアウトしたため)チームのトップ・レシーバーになりましたが、QBジョー・バロウ(現ベンガルズ)が去ったこともありチームは苦戦。7試合に出場した後、残り3試合をオプトアウトしてシーズンを終了。個人成績は48回、731ヤード、10TDでした。

 

www.youtube.com

 

  

 

43位 WR イライジャ・ムーア

Elijah Moore / 身長5-9 体重185 / Ole Miss / 20歳 ジュニア

素晴らしい万能性、敏捷性、タフさを備えているサイズの小さいレシーバー。大学では外側、スロット、バックフィールドを経験している。リリースでの素晴らしい敏捷性があり、ルートのトップでは巧みにキビキビと走る。クイックなパスをたくさん受けており、キャッチ後はとても捕まりにくい。オーバー・ザ・トップのパスでいくつかビックプレイを決めており、ナチュラルにボールを追跡し、頼れる手を見せている。バックフィールドにおいてランナーとして使われる時にも効果的。フルスピードでホールに突っ込み、守備選手をミスさせることもできる。サイズこそないものの、スロットで活躍し、リターンでも貢献できる。

 

2020年は最後の2試合をオプトアウトしていますが、開幕のフロリダ戦で13回、227ヤードを稼ぐなど、8試合で学校記録となる86回、1,193ヤード、8TDの大活躍。All-SECと満場一致のAll Americanに選出されています。

2019年も850ヤード、6TDと活躍していますが、エッグ・ボウルでミシシッピー州立大学と対戦した際、残り9秒でTDキャッチを決めるとエンドゾーンで犬が小便するマネをして15ヤード罰退の反則をもらい、そのせいで同点のエクストラポイントのキックが失敗となって、1点差で試合に負けるというポカをやらかしているそうです(後日謝罪しています)。2日目予想

 

www.youtube.com

 

 

 

その他のドラフト候補はこちら

ドラフト候補トップ50の一覧 2021