読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

ドラフト指名予想 #3 RB OL

現地27日のNFLドラフトまで、もう数日となりました。

新たに更新されているモックドラフトから、ブロンコスの1巡20位は誰が指名されると予想されているか、いつものように確認しておきたいと思います。

 

票は予想しているモックの数です

 

Pos. Name Ht Wt College 訪問
5 TE O.J. Howard 6-6 251 Alabama  
4 RB Christian McCaffrey 5-11 202 Stanford
1 TE David Njoku 6-4 246 Miami (FL)  
             
19 OT Ryan Ramczyk 6-6 310 Wisconsin
10 OT Garett Bolles 6-5 297 Utah
7 OL Forrest Lamp 6-4 309 WKU  
4 OT Cam Robinson 6-6 322 Alabama
             
2 OLB Haason Reddick 6-1 237 Temple  

 

 

前回からほとんど変わっていないものの、OTラムチェックがもっとも多くの票を集めて、前回トップだったOTボールズを逆転するという結果になりました。

やはりレフトタックル候補の4人で大半を占めていますが、その中では、OLフォレスト・ランプの予想も地味に増えてきている感じがします。

 

ファンが注目するRBマカフリーは、最近の評価が上昇していて、トップ10で消えるとか、ブロンコスの20位までは残っていないといった予想が多くなっていますね。

特に8位のパンサーズ、14位のイーグルスあたりで指名されるモックが多い印象で、パンサーズの新WRコーチは、昨年までスタンフォード大学でRBコーチをしていたというコネがあります。

先日の「未練・或爺杯モックドラフト2017」では、ブロンコスはトレードアップしてRBマカフリー指名という結果になりましたが、現実でもトレードアップしないと指名は難しいかもしれませんね。

 

 

 

ということで、RBマカフリーとOLランプについて紹介してみます。

  

 

RB クリスチャン・マカフリー(Christian McCaffrey)

身長5-11、体重202、1996年生まれ(20歳)、スタンフォード大学、ジュニア

 

ブロンコスで活躍したWRエド・マカフリーの次男コロラドの高校では通算の得点、TD数、総獲得ヤードの州記録を更新し、州の最優秀選手に2回選ばれている。

4つ星の有望株として父親の母校スタンフォード大学に進学。トゥルー・フレッシュマンの2014年は控えとSTで出場した。

もっとも活躍した2015年は、ランで2,019ヤード、レシーブで645ヤード、キックオフ・リターンで1,070ヤードを稼ぎ、計3,864の総獲得ヤードで(バリー・サンダースが保持していた)NCAA記録を更新した。

AP選出の大学最優秀選手、PAC-12の最優秀選手、満票でオール・アメリカンに選出され、ハイズマン賞(MVP)のファイナリストにも残った。

2016年は怪我もあって数字を落としたが、ランで1,603ヤード、総獲得で2,116ヤードを記録。最後のサンボウルは怪我を考慮して欠場し、アーリーエントリーでのNFL入りを表明した。 

ラン、レシーブ、リターンと多くの活躍ができる。細かい足の動きによる瞬時のカットと方向転換で相手をかわす。優れた視野で穴が開くのを待てる。ブロッカーを上手く使ってヤードを稼ぐ。良い手を持つレシーバー。ボールをしっかり守る。賢い。コンバインで評価を上げた。

理想的なサイズ、スピード、パワーはない。エブリダウン・バックではない。大学で酷使されており、耐久性に懸念がある。強い攻撃ラインとシステムの恩恵を受けていた。速いというよりはクイック。加速は並。NFLでは後ろから追いつかれる。パスプロは不安定。

某スカウト「彼の評価は人によって分れるだろう。ただの補足的な選手と見るか、多くの用途で活躍する選手と見るか。3~4人のレシーバーを並べる攻撃を多用するチームでは、いろんな使い道があるので好まれるはずだ」

似たタイプの選手: ブライアン・ウエストブルック(元PHI)

 

 

 

OL フォレスト・ランプ(Forrest Lamp

身長6-4、体重309、腕長32 1/4、1994年生まれ(22-23歳)、ウエスタン・ケンタッキー大学、シニア

 

高校では小さいラインマンだったため、強豪大学からリクルートされず、2つ星の選手としてWKUに進学した。

1年目はレッドシャツに登録。2013年は開幕から3試合をRG、その後の9試合はLTで先発した。2014年と2015年はLTで全試合に先発している

2016年は9月に足の怪我で2試合に欠場したものの、2年連続でAll-CUSAに選出された。1月のシニアボウルは足首のねん挫で出場しなかった。

腕が短く、体格的にガード向きと言われているが、優れたテクニックがあるので、レフトタックルをやれるという評価もある。

ダラスのOGザック・マーティンと比較されており、今年の攻撃ラインではもっとも安全な指名という声もある。

4年間の先発経験がある。コンパクトに鍛えられていながら、運動能力にも優れている。素早い足とポジショニングの上手さでブロックする。動きながらブロックできる。横の動きでパスプロもできる。タックル、ガード、さらにセンターもやれそうな多様性がある。コンバインで評価を上げた。

平均的な体格で増量の余地はあまりない。身長の低さと腕の短さにより、プロでは内側をやることになりそうだが、ガードの経験はあまりない。NFL級のパワーはない。エッジラッシャーに苦戦することがある。

某スカウト「彼は本物だ。もしスナップさえできるなら、攻撃ラインすべてのポジションで使えるだろう。優れた足があり、強く、賢い」

似たタイプの選手:ザック・マーティン(DAL)

 

 

 

 

 

主な引用元

Christian McCaffrey Draft Profile – NFL.com

Christian McCaffrey, RB, Stanford, NFL Draft - CBSSports.com - NFLDraftScout.com

Forrest Lamp Draft Profile – NFL.com

Forrest Lamp, OG, Western Kentucky, NFL Draft - CBSSports.com - NFLDraftScout.com