読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

プレ1 ベアーズ戦

ブロンコス 感想

プレシーズン第1週、アウェイのベアーズ戦です。

 

 

  Q1Q2Q3Q4OT 
DEN (0-0) 7 13 2 0   22
CHI (0-0) 0 0 0 0   0

 

結果は22対0で勝利。守備は相手を完封し、攻撃(TD)、守備(セーフティ)、ST(2FG & パントブロックTD)すべてで得点を決めています。

 

www.youtube.com

 

 

主な欠場選手

  • 先 RG Ty Sambrailo
  • 先 LT  Russell Okung
  • 先 OLB Von Miller
  • 先 OLB DeMarcus Ware
  • 先 CB Aqib Talib
  • 先 CB Chris Harris Jr.
  • 控 CB Taurean Nixon
  • 控 SS Ryan Murphy

  

 

#6 QB マーク・サンチェス(トレード加入

10/13回、76.9%、99ヤード、1TD、1INT、Rate 91.5

先発して第1Qをまるまるプレイ。3回のシリーズに出場して、32ヤードTD、INT、3&アウトという波のある結果でしたけど、最初のドライブでは3rdダウンを3回とも更新して、攻撃を進めていたのには感心しました。投げた直後に強烈なヒットを食らいながら、32ヤードのTDを決めたも見事でした(デマリアスのおかげかも?)

この試合なかなか良かったかと思いますけど、左手でボールを投げ捨てたり、危険なところに投げてINTされるなど、サンチェスらしい悪い癖も出ていたので、これが続くようだとなあーという不安も少し。

 

www.youtube.com

 

 

#13 QBトレバー・シーミアン(2015年7巡)

7/12回、58.3%、88ヤード、0TD、0INT、Rate 81.3

2番目で第2Qまるまる出場。FG成功、3&アウト、FG成功、FG失敗という結果。TDこそ決まらなかったですけど、とても落ち着いていて、肩も強く、動けますね。パス失敗5回のうち3回はTD狙いで、惜しいパスもあったので、数字以上にやれていた印象を受けました。

キャンプを見ている記者からは「サンチェスよりも上」という声も出ていましたけど、それも納得できる感じ。先発組でどれだけやれるか見てみたいです。

 

 

#12 QB パクストン・リンチ(2016年1巡)

6/7回、85.7%、74ヤード、0TD、0INT、Rate 110.7

3番目で後半最初から登場。3&アウト、FG失敗、パント、パント、ニーダウンという結果でした。新人らしくサックを食らったりもしましたが、鋭いパスを決めていましたし、ブリッツをかわして足で1stダウンを更新したり、評判どおりの強肩と機動力が目を引きました。これからが楽しみですねー

 

www.youtube.com

 

 

 

守備

ベアーズ攻撃を1stダウン8回、パス82ヤード、ラン48ヤード、計130ヤードに抑えて完封。7サック、1ファンブル・フォース、1インターセプト、セーフティー1回を決める活躍でした。

サックを決めたのは、先発組がSS T.J. ウォード、OLB シェーン・レイ、DE デレク・ウルフ、第2QはDE ジャレッド・クリック(FA加入)、OLB ボンタリアス・ドラ(ドラ外新人)、後半はOLB デコタ・ワットソン(FA加入)、SS ウィル・パークス(6巡新人)でした。

ベアーズは攻撃ラインが弱点(PFFランキング30位)になっているようで、そこにブロンコスのパスラッシュがうまくハマった感じはありますけど、それでも守備は先発4人が出ていなくて、これだけやれれば文句なし。層の厚さを感じました。

  

www.youtube.com

 

 

新人たち

SSウィル・パークス(6巡)、DEアダム・ゴトシス(2巡)、FSジャスティン・シモンズ(3巡)、RBデボンテ・ブッカー(4巡)などは、期待できそうな活躍を見せてくれました。中でもブッカーは前評判どおりの好印象。

ドラ外では、OLBボンタリアス・ドラの2サック、1FFが目立ちました。リターナーのWRカリフ・レイモンド、WRブレイロン・アディソンもミスなく、なかなか良さげに見えました。これでリターナー問題が解決すると助かりますね。

 

 

その他、良かった!

  • 3-4番目 WR コーディー・ラティマー(7回82ヤード)
  • 新加入 OLB デコタ・ワットソン(1サック)
  • 2年目 CB ロレンゾ・ドス(1INT)
  • 4番目 RB カプリ・ビブス(13回53ヤード)
  • WRファウラーのパントブロックからILBアンダーソンのリカバーTD

 

2年間で8回82ヤードと期待ハズレだったWRラティマー(2014年2巡)が驚きの活躍。最後までマニングの信頼を獲得できなかった選手という印象があるのですが、本人も「マニングの前だとミスしないようにナーバスになっていた」と語っていて、QBが変わったことが心機一転プラスになっているようですね。

OLB デコタ・ワットソン(28歳)は、2010年バッカニアーズの7巡指名。T.Bで4年、JAXとDALを経由して、昨年はN.Eで3試合に出場しました。これまでに通算73試合に出場、7試合に先発していますが、2012年に月間ST賞を獲得するなど、STでの活躍が期待されているようです。

 

 

いまいち?

  • 攻撃ライン(反則7回
  • 2年目 TE ジェフ・ハイアマン
  • K マクマナスのFG失敗(46ヤード)
  • ブロックされてFG失敗(48ヤード)

 

やはり攻撃ラインはいまいち。先発(2人欠場)は、左からLTスコフィールド(昨年10サックやられる)、LGガルシア(パスプロ不安)、Cパラディス、RGウィームズ(先発経験なし)、RTスティーブンソン(新加入)でしたが、次のシリーズではOGディロン・デイ(ドラ外2年目)、Cフェレンツ、OGマクガバン(新人)ら控え組が入っていたようです。

攻撃ラインはこの試合、取り消しも含めると反則が7回ありました。プレシーズンとはいえちょっと多すぎですね。

TEハイアマンはパスプロもやられてましたし、FGがブロックされたプレイでも相手をもらしていたと思います。個人的にもっともガッカリだった選手です。

 

  

怪我

3-4番目のWRベニー・ファウラーが肘の怪我で数週間アウトのもよう。

 

 

 

プレシーズン初戦ではありますが、強い守備は継続していて、不安のあるQBもなかなか良かったですし、新加入の選手や若い選手たちの活躍が見れたのは収穫でしたね。

あとは、攻撃が13得点(+FG失敗2本)だったのが、もう少し改善されたらなーと思います。

 

ということで、次はホームの49ers戦です!