読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

ブロンコスのドラフト評価 2016

ドラフト2016 ブロンコス

2016年のNFLドラフトがすべて終了。

あちこちでドラフトの評価も出ていますので、ブロンコスのをまとめてみました。

 

  • 1巡 QB Paxton Lynch (Memphis)
  • 2巡 DT Adam Gotsis (Georgia Tech)
  • 3巡 FS Justin Simmons (Boston College)
  • 4巡 RB Devontae Booker (Utah)
  • 5巡 OG Connor McGovern (Missouri)
  • 6巡 FB Andy Janovich (Nebraska)
  • 6巡 S Will Parks (Arizona)
  • 7巡 P Riley Dixon (Syracuse)

 

  

A Mark Maske (Washington Post

GMエルウェイは、QBのエルウェイほどは優れていない。しかし、両者はどんどん近づいている。エルウェイはこのオフのQB問題で我慢強かった。中途半端なベテランを獲得するために高価なトレードをしなかった。そしてその後、ドラフト1巡でトレードアップして目当ての選手を獲得した。1巡のQBリンチは開幕戦の先発ではないかもしれないが、シーズン終盤に先発することになっても驚くことはない。もしブロンコスが待望のQBを手に入れたのであれば、今年のドラフトはそれだけで十分だろう。しかし、4巡のRBブッカーも大きな新戦力になるかもしれない。

 

 

A- Walter Football

目標: QBを見つけることが最優先事項だ。問題はリンチが31位よりもはるか前に売り切れそうなこと。もしそうなれば、2日目に誰かを見つけなくてはならない。チームにはOG、DE、LBのニーズもある。

結果: 私はトレードアップが好きではない。大事な指名権を捨てるのは割に合わないと思っている。しかし、今回は話が別だ。ブロンコスはQB問題を解決しなければならず、31位のままではリンチを獲得できなかった。ブラウンズやカウボーイズはトレードアップを狙っており、チーフスも指名する可能性があったので、ブロンコスは動く必要があった。3巡下位指名権を失っただけで、フランチャイズQB候補を獲得できたのなら割に合う。

他の指名もほとんどが良かった。実のところ、3つの指名でA評価を獲得している。4巡のRBブッカー指名はA+評価で、この指名はスティールだった。3巡のFSシモンズと、5巡のOGマクガバンも素晴らしい指名だった。

欠点と言えば、2巡の終わりで指名したDEゴトシスだろう。 あるチームは4~5巡と評価していて、ここまで高く評価しているチームは他にいなかった。彼が成功すればニーズは埋まるが、かなりのリーチ指名だった。

全体としてエルウェイは良い仕事をした。4つのニーズのうち3つは埋まった。素晴らしい指名も多数あった。ひとつ傷はあるにしても、喜んでA-評価を与えたい。

 

 

B+ Chad Reuter (NFL.com

1日目:B+ 2日目:B+ 3日目:A

1巡のQBリンチは時間がかかるだろうが、ブロンコスには強力な守備があるので、賭ける価値はある。しかし、無理に使えば成長を妨げてしまうだろう。疑問があるとすれば、QBコナー・クックが同じくらい成功するかどうか、そしてクックなら3巡指名権を放出さずに指名できただろうという点だ。

2巡のDEゴトシスは、DEデレク・ウルフに似たハードワキーングな5テクニックだ。4巡でRBブッカーを指名したのは素晴らしいバリューだった。遅かれ早かれ先発できるだろう。5巡のOGマクガバンはOLの層を厚くする。6巡のFBジャノビッチはスペシャルチームと時にはオフェンスで貢献できる。6巡のSパークスは有用な控えだ。7巡で指名したPディクソンの強力な足は、デンバーの薄い空気でボールを成層圏まで飛ばす。

 

 

B+ Chris Burke (SI.com

デンバーはトレードアップしてリンチを1巡指名し、オフのQB問題は決着した。リンチは(最終的に)クービアックの攻撃システムにうまくフィットするだろうが、おそらく開幕の先発はサンチェスだ。

2巡のDEゴトシスは、移籍したマリク・ジャクソンの穴を埋める助けになる。彼は怪我からの回復中だが、確かな先発級の資質がある。3巡のFSシモンズ、4巡のRBブッカー、5巡のOGマクガバンらは、チームの助けになる選手たちだ。RBブッカーは最終的に先発となるかもしれない。LBは気に入った選手が見つからず指名しなかった。2巡のFSシモンズと、6巡のSパークスは不足していた人材を満たし、DBを複数投入する守備を可能にする。

 

 

B+ Vinnie Iyer (Sporting News

前年の王者はQB問題でパニックにはならなかった。どうにかしてリンチを獲得し、育成できるという勘があったからだ。 2巡のDEゴトシスは、ブロンコスの3-4守備に完全に合う人材で、マリク・ジャクソンの抜けたDLローテーションを押し上げる。4巡のRBブッカー指名はスティールだ。C.J.アンダーソンとヒルマンをベンチに追いやれるだけの才能がある。チームはSとOLのニーズも埋めた。

 

 

B+ Lindsay H. Jones (USA Today

エルウェイはQB問題にうまく対処した。これは評価に値する。サンチェスと未熟な新人QBの先発争いは、スーパーボウル王者に相応しい状況とは言えないが、リンチは長期的な有望選手で、オフに名前が挙がっていたベテランQBたちを獲得するよりは、はるかに良い買い物だった。ブロンコスは2日目にDEゴトシスとFSシモンズを獲得して、残っていた穴も埋めている。

 

 

B Evan Silva (Rotoworld

QBが必要なGMエルウェイは臨戦態勢だった。ブロンコスは1巡で5つトレードアップして、未完の大器リンチを獲得した。3日目にはタイタンズとのトレードで来年の6巡指名も手に入れた。

ドラフト中位の指名は好みだ。3巡のFSシモンズにはビックプレイと身体能力がある。4巡のRBブッカーには安定感、バーサタイルさ、小さな穴を抜ける能力がある。5巡のOGマクガバンにはドライブ・ブロック能力、ゾーンブロックの適正がある。2巡のDEゴトシスは、マリク・ジャクソンの後任になれるかもしれないが、どちらかというと彼は2ギャップのDEで、守備ライン内側の破壊者ではない。

3年後にこのドラフトを見直したら、その評価はQBリンチの活躍によって決められるだろう。身長6-7、体重244、バスケット選手のような身体能力、リンチはマッデン(ゲーム)で創りたくなるようなQBだ。リンチが未熟ですぐにプレイできないことは理解しているが、エルウェイとクービアックの指導で成長できると私は見ている。

 

 

B- Pete Prisco (CBS Sports

ベスト指名: 1巡でトレードアップしてQBリンチを指名した決断を気に入っている。彼は未熟だが、エルウェイ好みの大きくてフィジカルな選手だ。

疑問な指名: 気に入ってはいても、やはり疑問は残る。QBの1巡指名はいつでも疑いを生む。トレードアップして指名したならなおさらだ。

3日目の原石: 4巡のRBブッカーは素晴らしい指名だ。先発するのはC. J. アンダーソンだろうが、1試合に10回はキャリーして活躍できる。

解説: 1巡のトレードアップは大きな動きだった。QBリンチは時間はかかるだろうが才能はある。残りの指名も手堅かった。3巡のFSシモンズを気に入っている。

 

 

C Chris Roling (Bleacher Report

QBサンチェスとの心中を避けるためだとしても 未熟な選手を指名するためにトレードアップしたのは混乱の臭いがする。DEゴトシスの2巡指名も高すぎる。

 

 

27位 Steven Ruiz (USA Today

1巡でトレードアップしてQBリンチを指名。これでブロンコスの先発候補は、育成に数年かかる未熟な新人か、サンチェスかの2択になったが、どちらも良さそうには見えない。4巡のRBブッカー指名はスティールとなるかもしれないが、残りの指名は感心できない。

 

 

続き

ブロンコスのドラフト評価 2016 続