読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

白熊ポイントで指名予想

ドラフト2016 雑記

あっという間に、NFLドラフトまで数日となりました。

ブロンコスは、先発DEマリク・ジャクソンがFAで移籍してしまったため、守備ラインの上位指名も予想されています。 

そこで、DCのウェイド・フィリップス(白熊)が好みそうな指名候補は誰なのか、身長、体重、各種ワークアウトの数値から予想してみました。

 

名付けて「白熊ポイント」予想です!(うーん、ネーミングセンスw)

 

この白熊ポイント(SP)というのは、フィリップスの好みに近い選手ほど指数が高くなる独自の計算式(まだ試行錯誤中)を使って算出しました。

超簡単にサックリ説明しますと、フィリップスが過去に指名した選手の数値、なかでもそのトップである J. J. ワットの数値に近い選手ほど、ポイントが高くなるみたいな感じで、けっこう単純です。

 

で、そのランキングがこちら

 

f:id:KeroBro:20160427015843p:plain

f:id:KeroBro:20160427015857p:plain

 

今年のドラフトにおける、白熊ポイント1位の守備ライン(体重300ポンド前後)は、ノースウエスタン大学の DE Dean Lowry という結果に。

CBSでは3~4巡評価になっていますが、動画なんかを見ても、ブロンコス守備に合いそうな印象です。ただ、なんか体格に違和感があるなあと思っていたら、評価に「腕が短い(31インチ)」というマイナス点が書かれていて納得。試合ではなかなか目立っていたんですけど、はたして指名はあるでしょうか。

 

続いて2位は、ブロンコスの1巡指名予想でも常連の DT Robert Nkemdiche が納得のランクイン。同位でボストン・カレッジの DT Connor Wujciak (7巡評価)も入りましたが、動画を見た限りでは・・・

 

4位は3人。オクラホマ州立の DE/OLB Emmanuel Ogbahは、念のために入れておいた選手なので、5テクニックという感じではないかもしれませんね。ブリンガム・ヤングの DE Bronson Kaufusiは、ブロンコスの指名予想でも名前が出てくる選手で、個人的にも注目しております。

同じく4位の DE Drew Iddingsは、2部校のサウスダコダ州立大学の選手で、ブロンコスも見学していたというプロデイで40ヤード4.75秒を記録するなど、一部で話題になったらしいですが微妙かも・・・

 

ドラフト下位評価組だと、メリーランドの DT Quinton Jefferson (動画)とか、ミシガン州立の DE Lawrence Thomas (動画)などは、まったく知らない選手だったので、ブロンコスが拾うのか楽しみにしてみたいと思います(Jeffersonはメイヨックのトップ100リストに入ってますねえ)

  

 

 

この白熊ポイントは、選手の活躍とか、成績、テクニックといった要素を除外して、純粋に「身体能力の数値だけ」でポイントを算出しているので、(当たり前ですけど)そのまま選手の評価とはならないですね。

ウェイド・フィリップスの3-4守備では、ペネトレイトできる守備ライン、身体能力が高くて動ける選手が好まれるという点を重視したランキングとなっています。

 

勢いでやってみた自己満足企画。初めてのことなので、この白熊ポイントが正しいのか、意味があるのか、そもそも需要があるのか、まったく分かっていませんけど、もしドラフト本番で良い結果が出たら、また記事を書いてみたいと思いますw