読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

第6週 ブラウンズ戦の感想

ブロンコス 感想

NFL第6週、アウェイのブラウンズ戦が行われました。

結果は延長戦で、26対23の辛勝となりました。 

 

 

欠場

  • 控 QB Trevor Siemian
  • 控 RB Juwan Thompson(ハムストリング)
  • 控 OG Shelley Smith
  • 先 OT Ty Sambrailo(肩)
  • 控 NT Darius Kilgo
  • 先 OLB DeMarcus Ware(背中)
  • 控 CB Lorenzo Doss

先発LTサムブライロは3試合連続のアウト。先発OLBウェアも怪我で欠場し、OLBマクレイが試合登録された。RBトンプソンも欠場で、PSから昇格したばかりのRBビブスが登録。控えWRラティマーとDEアヌニキが怪我から復帰。新人NTキルゴは外れた。

 

 

  Q1Q2Q3Q4OT 
DEN (5-0) 3 7 3 10 3 26
CLE (2-3) 0 0 7 16 0 23

 

 

前半 10-0

  • DEN* INT、FG / パント、パント、FG失
  • CLE G失 / INT(被TD)、パント、パント、パント、終

マニングがいきなりINTされる。 しかしCLEはギャンブル失敗。攻撃はそこから8分使ってFGを決める。しかし第2Qの51ヤードFGは失敗。前半最後にCLEがヘイルメアリーパスを投げるも決まらず。相手を0点に抑えて折り返す。


後半 23-23

  • DEN パント、パント、FG / FGINT(被TD-2P失)TD、パント、パント、パント
  • CLE* TD、パント、FMB、パント / TD、パント、FG、INT、終

後半最初のドライブでCLEにTDパスを決められ3点差に追いつかれる。守備はOLBバレットのサックでファンブルを誘発、ボールを奪うがFGに終わる。第4Qの攻撃もFG止まり。そこからCLEに再びTDパスを決められ2点差になる。さらにマニングのINTからリターンTDも決められ、2ポイントは阻止するも16対20と逆転されてしまう。直後、マニングが75ヤードの一発TDパスを決めて再逆転、意地を見せる。しかし、残り1分半にCLEのFGで同点にされ、さらに残り1分で自陣内に進入される。終わったか。しかし、SブルートンがパスをINTして生き延びる。そこからタイムアウトなしで相手陣内に攻め込むが、WRサンダースへのロングパスが失敗と判定され得点できず。延長戦に突入。

 

延長 26-23

  • DEN* INT、FG(終)
  • CLE パント

先攻。マニングが3個目のINTを投げる。次に得点した方が勝利。終わったか。しかし、守備が連続サックで相手をFG圏内から追い出す。CLEはパント。最後の攻撃は自陣12ヤードから72ヤードを進んで、34ヤードのFGを決めて勝利。やっと終わった。

こちらの自滅と、相手の自滅、何度も負けを覚悟した試合でしたが、またも守備の奮闘に救われました。延長戦、疲れた・・・

 

 

 DENCLE
トータル 442 298
パス 48 - 290 - 1TD 39 - 189 - 2TD
ラン 33 - 152 - 0TD 33 - 109 - 0TD
1st ダウン 21 20
3rd ダウン 4/18 (22%) 6/15 (40%)
守備サック 4 0
守備INT 2 3
ターンオーバー 3 3
FG 4 / 5 1 / 1
反則 8 - 81 6 - 30
時間 36:44 33:20

ボックススコア 

 

 

QBマニング

26/48回(54.2%)、290ヤード、1TD、3INT、Rate 53.3

マニングが今シーズン苦戦しているのは、攻撃ライン(被サック12個)と、低調なラン攻撃(リーグ31位?)にも原因があると言われていました。

しかし、この試合は被サックなし、ラン攻撃も155ヤードと良い仕事をしました。そのうえブラウンズ守備は先発CBジョー・ヘイデン、FSギブソンなどの欠場もあり、けして前評判は高くありませんでした。にも関わらず、マニングは3個のINTを喫するなど、今シーズンでもっとも乱調という結果になってしまいました。

ブラウンズはLBダンスビー、LBミンゴ、CBデサーなどの活躍もありましたけど、全体的な印象としては、相手守備に苦しめられたというよりは、マニングのパフォーマンスの悪さが目立っていたように感じました。

長いパスが決まらない。3rdダウンでRBに短いパスを投げる(そして更新できない)。コントロールが悪い。パスの判断も冴えない。無理投げが目立つ。ターンオーバーが多い。レッドゾーンでTDを決められない。

INTされた直後の75ヤード一発TDパスは、試合の空気を変えるプレイですごかったですけど、オフェンスに関してはどうしても悲観的になってしまいますね…

 

 

QB交代論争

マニングはここまで6試合で、7TD、10INT、レイティング72.5という数字。ここ数試合はQB交代論争もぼちぼち出ていましたね。

そうはいっても、なんだかんだでチームは6連勝中ですし、マニングにはブレット・ファーヴの通算パスヤード記録の更新(残り624ヤード)も残っています。HCクービアックはテキサンズ時代に我慢してQBマット・ショーブを使い続けていたという印象もあります。現実的には、マニングほどのQBをそう簡単に代えることはできないだろうと思われます。

ただ、BYE明けのパッカーズ戦、コルツ戦などで苦戦し、点差が付くような試合展開になれば、途中でオスワイラーが出てきたりするかもしれませんね…

 

 

良かった

  • RBロニー・ヒルマン(20回 111ヤード) 
  • CBアキブ・タリブのピック6
  • パスラッシュ(計4サック)
  • OLBシャクエル・バレット(1.5サック 1FF 1リカバー)
  • Kマクマナス(FG4/5回成功、決勝FGを含む12得点)
  • WRサンダースの75ヤード一発TD
  • オフェンスライン
  • Cマット・パラディスのランブロックが褒められていた
  • 第4Q、守備が相手の2ポイント狙いを阻止
  • 第4Q、2ミニッツで守備が相手攻撃をFGに抑える
  • 第4Qのパスラッシュ→SブルートンのINT
  • オーバータイムで守備の連続サック→相手パント

 

この試合はRBロニー・ヒルマンを多用、活躍していましたね。オーバータイムではC.J.アンダーソンもごりごりランを出していました。

怪我で欠場したOLBデマーカス・ウェアの代わりに、地元CSU出身のドラフト外2年目OLBシャクエル・バレットが初先発。この試合で9タックル、1.5サック。第3Qにはひとりでサック、ファンブル誘発、リカバーを決めるなど大活躍でした。今シーズンのサプライズ的な選手になっていますね。

 

 

悪かった

  • WRデマリアス・トーマスの落球
  • 相手TEバーニッジに2TDやられる(T.J.ウォードがカバーしてた?)
  • DLマリク・ジャクソンの反則
  • DEデレク・ウルフの反則
  • WRコーディ・ラティマーのミス(マニングに怒られる)
  • 前半最後、相手のヘイルメアリーパスちょっと危なかった
  • 3rdダウン更新率(4/18)、レッドゾーン内TD率(0/3)
  • KRノーウッドのマフ(自分でリカバーしたけど危なかった)
  • パントリターン、カバーチーム

 

DLマリク・ジャクソンは毎試合のように反則をやらかしてますね。第4QにTDをやられたドライブも、3rdダウン9だったのに、オフサイドの反則でフリープレイから47ヤードのロングパスを決められ、更新されてしまいました。フェイスマスクの反則もありましたし、活躍しているとはいえ、ちょっとアグレッシブすぎです。

第4Q、DEウルフのレイトヒットもまったくの馬鹿な反則で、一気にFG圏内に進入されてしまいました。結果的に、この2つの反則が10失点に繋がってしまいましたね。

 

 

気になったこと

  • 気温6度くらいで寒かったもよう
  • マニングはグローブ着用
  • なぜかプレイアクションからロールアウトやってた
  • 先発OTは先週と同じLTライアン・ハリス、RTスコフィールド
  • ボン・ミラー対OTジョー・トーマス(見事)
  • 鳩が邪魔だった
  • 結果的にブラウンズが2ポイント狙いをしてなければ1点差で負けてたかも
  • RBカプリ・ビブスはランで出番なし
  • 新人LBシェーン・レイの怪我は4-6週かかるらしい
  • ILBネルソンが怪我で2回下がっていた
  • WRサンダースの肩の怪我は大丈夫そう
  • 守備は6試合で17テイクアウェイ、26サック、4TDを記録
  • 全得点(139点)のうち61%(85点)を守備とキッカーが決めている

 

動画

第4Q、Sダンテ・ウィットナーにランブロックするQBマニング

 

 

 

今週はBYEなので、ゆっくりしてしまいました…

 

ということで、次はBYE、その次がホームでのパッカーズ戦となります。

相手もBYE明け、全勝チームどうしの対戦ですね。 

怪我人も多くなってきましたし、今週はゆっくりと休んで備えてほしいです。