読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

7巡 DB ジョシュ・ファーマン

ラストの9人目! 3連続補償ピックの最後です。

 

 

7巡 35位(全体252位)

SS ジョシュ・ファーマン

 

f:id:KeroBro:20150629092814j:plain

  • 名前: Josh Furman
  • 身長: 6-2 (1.87m)
  • 体重: 202 (91.6kg)
  • 大学: Oklahoma State
  • 年齢: 23歳 (1991年11月1日)
  • 学年: RSシニア
  • 腕の長さ:
  • 手の大きさ:
  • 40ヤード: 4.45秒* / 4.50秒*
  • 10ヤード: 
  • 20ヤード:
  • 20ヤードSS: 4.16秒*
  • 3-Cone Drill: 6.94秒*
  • 垂直跳び: 38インチ*(0.96m)
  • 立ち幅跳び: 10フィート4インチ*(3.15m)
  • ベンチプレス: 18回*

*Pro Day Workout

大学の成績

  • 2010年 Michigan
  • 2011年 Michigan 10タックル
  • 2012年 Michigan 8タックル
  • 2013年 Michigan 11タックル
  • 2014年 Oklahoma St. 64タックル、7.0サック、1INT

 

概要

高校ではRBとDBをプレイした。シニアの時には、RBとして259回、2,285ヤード、31TDを走り、 DBとして60タックル、3サック、3INTを記録している。

4つ星の有望株としてミシガン大学に進学した。

2010年はレッドシャツ。2011年はスペシャルチームで12試合に出場し、控えセーフティーとしても2試合に出場した。

2012年はスペシャルチームの控えで12試合に出場した。2013年はセーフティーとして3試合に先発した。

すでにミシガン大学を卒業していたため、2014年は転校してもそのまま試合出場が可能だった。大学を調査していた際に、オクラホマ州立大学を気に入り、出場機会を求めて転校を決断した。

2014年はOLBとして13試合に出場し、64タックル、14ロスタックル、7.0サック、1INTと活躍した。

コンバインには招待されなかった。

2012年に暴力事件で逮捕されている。元彼女の彼氏から(挑発的な?)メールを受け取った後、ふたりの住むアパートに不法進入しようとして、それを止めようとした女性たちに暴力を振るったとされる。裁判では「アパートに行ったことは過ちだったが、暴力は振るっていない」として無罪となった。(記事

 


長所と短所

ラン守備でとてもアグレッシブなハードヒッター。優れた突撃能力で進入しランにアタックする。スペースでは苦戦する。大学ではスクリメージ付近でプレイしており、ボックス・セーフティーと、サブパッケージのハイブリットなラインバッカーとの中間みたいな選手になってしまう。

昨年はロスタックル14個、7.0サックを記録し、破壊力を見せた。しかしながら先発経験は1年しかない。プロデイで40ヤード4.48秒の好タイムを記録。過去にいくつかフイールド外の問題があり、無罪にはなったものの、ミシガン大学時代の2012年には女性2人から訴えの申し立てをされている。

 

総評

ミシガンで3年間プレイし、大学を卒業して、オクラホマ州立に転校した。ミシガンでは32試合に出場、セーフティーでも3試合に先発している。オクラホマ州立では先発に入り、13試合で64タックル、14ロスタックル、7.0サックを記録した。

 

 

感想

大学ではSとLBを経験しているようですが、ファーマン自身は「プロではSだと思っている」と答えており、エルウェイも会見で「彼はボックス・セーフティー」と語っておりました。

LBとSのハイブリット的な選手ということで、ニッケル守備ではLBに入っていた、T. J. ウォードに近い役割ができるとも言われているようですね。

プロデイでは、40ヤード4.48秒、垂直跳び38インチ、立ち幅跳び10フィート4インチなど、体重200ポンドを越えるDBとしては、コンバインにおけるトップ5級の数字を出して注目されたようです。サイズとスピードがあり、タックルが強く、パスラッシュも非凡で、あとはパスのカバーが課題といった評価も目にしました。

ミシガン大学では控えとST要員であまり出番がなく、フィールド外のトラブルもあるなど、不本意な3年間だったようですが、昨年はオクラホマ州立大学に転校して出場機会を得ると、先発LBとして活躍するサプライズになりました。

ブロンコスが7巡で指名した3人の中では、もっともロスターに残れそうという意見もあるようですが、女性への暴力事件を起こした選手なんか論外という意見も理解できます。

ドラフト直後は「7巡とはいえ、わざわざこういう選手を指名しなくても…」と思っていたのですが、後になって裁判の記事を詳しく読んでみると、(無罪判決のとおり暴力がなかったとすれば)言われているほど悪質ではないような印象も受けました。まあ真実がどうだったのかは分かりませんけれども。

ブロンコスのセーフティーはやや不安なので、ファーマンにもチャンスはありそうですが、生き残るにはやはりスペシャルチームでの貢献が必要になりそうですね。

 

 

評価

 

引用元

NFL.com / CBS Sports / MGOBLUE.com

How He Fits: Seventh-round safety Josh Furman

Josh Furman to Denver Broncos: Full Draft-Pick Breakdown | Bleacher Report

 

 

ふうー、なんとか全員終わりました!