読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

7巡 QB トレバー・シーミアン

7人目。3連続補償ピックの1人目です。

 

 

7巡 33位(全体250位)

QB トレバー・シーミアン

NFL Japanの表記に合わせました

 

f:id:KeroBro:20150616233453j:plain

  • 名前: Trevor Siemian
  • 身長: 6-3 (1.91m)
  • 体重: 220 (99.7kg)
  • 大学: Northwestern
  • 年齢: 22~23歳 (1992年)
  • 学年: RSシニア
  • 腕の長さ:
  • 手の大きさ:
  • 40ヤード: 
  • 10ヤード: 
  • 20ヤード:
  • 20ヤードSS:
  • 3-Cone Drill:
  • 垂直跳び:
  • 立ち幅跳び:
  • ベンチプレス:



大学の成績

  • 2010年 
  • 2011年 8試合 16/26回(61.5%)、256ヤード、3TD、1INT
  • 2012年 13試合 128/218回(58.7%)、1,312ヤード、6TD、3INT
  • 2013年 12試合 178/298回(59.7%)、2,149ヤード、11TD、9INT
  • 2014年 11試合 228/392回(58.2%)、2,214ヤード、7TD、11INT

 

評価

  • CBS Sports: QB 22番目(FA予想)

 

概要

高校では通算6,144ヤード、53TDを投げて、フロリダ州オレンジ・カウンティ記録を更新している。

2010年は出場なし。2011年は控えで8試合に出場した。

2012年は控えから初先発を経験したが、その後も控えでの出場が続いた。開幕週のシラキュース大学戦では、6点差負けの第4Q残り2分40秒から途中出場し、75ヤードの決勝ドライブで9ヤードTDを決めて勝利した。続くバンダービルト大学戦でも第4Qから途中出場してチームを勝利に導いた。第5週のインディアナ大学戦で初先発し、22/32回、308ヤード(1INT)を投げて、44対29で勝利した。ミシシッピー州立大学とのゲイターボウルでは、12/21回、120ヤードを投げ、2つのTDドライブを演出して、34対20で勝利した。

2013年は全12試合に出場し、3試合に先発した。第7週のミネソタ大学戦で、キャリア2度目の先発に起用され、自身最多となる46回のパス(25回成功)を投げた。最終週のイリノイ大学戦では、最初のパス11回のうち10回を成功させ、31/44回、414ヤード、4TD(0INT)を投げて、37対34で勝利した。

2014年は11月に怪我をするまで開幕から11試合に先発した。第4週のペン州立大学戦では、ラン記録は-9ヤードながら、3TDランを記録した。2014年はランで合計5TDを記録している。第11週のパデュー大学戦、第2Qに左膝のACL前十字靭帯)を断裂し、手術を受けてそのままシーズンエンドとなった。

大学通算で先発14試合ながら、5,931ヤードは大学の歴代4位、550回成功は歴代4位、27TDは歴代7位を記録している。

2013年と2014年のアカデミックAll-Big Tenに選出されている。

怪我のためオールスター・ゲームも、コンバインも欠席した。

 

 
長所

身長6-3、体重220とサイズがある。特にワイドアウトがフィールドの中央にブレイクした時など、チェックダウンのパスを効果的に決めることができる。スラントやスクリーンのような短いパスのコントロールが正確。足は速くないものの、ポケットの中で動け、時にはポケットの外に出ることもできる。10ヤードを超えるオーバー・ザ・ミドルへ勢いのあるパスを投げる。大学ではショットガンを多用し、アップテンポの攻撃を経験している。

 

短所

2014年は判断力に苦しむことがあり、ディープへのパスはかなり苦戦した。オープンになっているレシーバーへのパスが、よくアンダースローになり、INTや失敗に終わってしまう。ポケットでの落ち着きがなく、すぐにチェックダウンのパスを投げる。サイドラインへのロングパスが苦手で(オハイオ州立大学戦のように)INTされる。ハッシュマークの中では(外よりも)勢いのあるパスを投げる。特に機敏なランナーではなく、守備選手をかわすことはあまりない。レッドゾーンでは狭いところへボールを通すのに苦戦する。

 

総評

ACLを断裂したことは、ドラフト指名にとってマイナスでしかないが、それでもベアーズ、ブロンコス、ブラウンズなどを訪問しているのは良い兆しだ。とはいえ指名される望みは薄く、ドラフト外契約となっても驚きはない。2014年は苦戦したが、それでもプロ入りできると信じるだけの理由はあり、スリーパーと評価しているアナリストもいる。

 

 

感想

今年はQBが7人しか指名されませんでしたが、最後の7人目に指名されたのがシーミアンとなりました。QB指名が7人以下というのは1954年以来だったそうですね。

ノースウエスタン大学では、シニアになるまで控えで、走れるQB Kain Colterと併用されていました。2014年は開幕から先発したものの、最後は怪我でシーズンエンドと、大学での実績はさっぱりですね。

ドラフト前にはデンバーを訪問していて、QBコーチのグレッグ・ナップと食事をしていましたが、ほとんど無名なので「なぜ呼んだのか分からない」とまで言われていました。

プロデイにはブロンコス、ベアーズ、ブラウンズを含む6チームが来ていたそうですが、ドラフト前には11チームから連絡があったそうで、密かに注目度が上がっていたような気配もありますね。

ドラフト最終日にナップから電話があり、「指名するように推しているが、もし指名できなくてもドラフト外で契約したい」と言われたそうです。シーミアンは「ブロンコスに行きたかった。たぶんドラフト外だろうけど、もし指名されたらクールだと思っていた」そうで、「だから嬉しかった。指名されるとは本当に予期してなかったんだ」と語っていました。

エルウェイは会見で、記者の「スタッツが良くない」という質問に、「だからこそ7巡で指名できた」と答えていました。クービアックは「プロ向きで、パス能力があり、頭も良い。彼のプレイを気に入った。シカゴの強風が吹くタフな環境でプレイしてきた。足も良い。怪我の回復も順調だ」と語っています。

ドラフト前に調べていた時、個人的に「お!」と気になった選手で、最初に動画を見た時はちょっとトム・ブレイディぽいかもと感じました(ただの印象ですけども)。

現実的には、怪我から回復中の育成候補なので、ザック・ダイサートと3番目を争うことになりますけど、今年はPSかIR登録なのかなと思います。

 


ドラフト評価

 

動画 (13番です)

 

引用元

NUSPORTS.COM

Denver Broncos Draft Picks: Results, Analysis and Grades | Bleacher Report

Trevor Siemian NFL Draft scouting report - Inside NU