読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

5巡 CB ロレンゾ・ドス

5人目!(やっと折り返し)

 

 

5巡 28位(全体164位)

CB ロレンゾ・ドス

 

f:id:KeroBro:20150604011725j:plain

  • 名前: Lorenzo Doss
  • 身長: 5-10 (1.78m)
  • 体重: 182 (83kg)
  • 大学: Tulane
  • 年齢: 21歳 (1994年4月22日)
  • 学年: ジュニア
  • 腕の長さ: 29 3/4インチ (75.5cm)
  • 手の大きさ: 9インチ (22.8cm)
  • 40ヤード: 4.50秒
  • 10ヤード: 1.55秒
  • 20ヤード: 2.61秒
  • 20ヤードSS: 4.26秒
  • 3-Cone Drill: 7.20秒
  • 垂直跳び: 33.5インチ (85.1cm)
  • 立ち幅跳び: 9フィート 7インチ (2.92m)
  • ベンチプレス: 9回

 

 

大学の成績

  • 2012年 先発09試合 44タックル、5 INT
  • 2013年 先発13試合 34タックル、7 INT
  • 2014年 先発12試合 48タックル、3 INT

 

評価

  • NFL.com: 5.35 (控えかST要員)
  • CBS Sports: CB 23番目(5巡指名予想)
  • SI.com: 6.1 (3巡指名)

 

概要

高校ではWRをやっていた。シニアの時に15回330ヤード、ジュニアの時に23回352ヤード3TDを記録している。陸上でも100メートル11.2秒を記録している。

2012年は先発9試合(出場12試合)でチーム・トップの5INTを記録。同大学のフレッシュマン記録を更新した。

2013年は全13試合に先発し、9個のパス防御と全米トップの7INTを記録した。

2014年は全12試合に先発。アーリーエントリーでNFL入りを表明した。

2013年はFirst-team All-Conference USAに選出されている。

 


長所

バックペダルからほとんど減速せずスムーズに発進する。クイックに方向転換できる。高校ではワイドレシーバーで、信頼できる手と素晴らしいボールスキルがある。可能な限りパスにアタックし、50/50のボールには滅多に競り負けない。3年間で15INTを記録、2013年には2個のINTリターンTDも決めている。ワーカホリックと呼ばれるほど練習熱心。怪我を押して出場し、滅多に練習も休まない。

広い肩幅、アスレチックで均整のとれた体格をしている。手を伸ばしてボールを掴み取り素早くコントロールする。空中にあるボールをうまく見つけプレイを決める。大学ではプレス、off-man、ゾーンを経験していて、3年間の先発経験がある。パスカバーでのバランスと制御があり、優れたルートの読みとブレイクを見せる。ラン守備での役割を理解しており、ブロッカーをかわしてボールキャリアーに迫る。

 

短所

ビックプレイを狙いすぎる。そのため規律を失い、テクニックが雑になる。バックペダルが高い。INTを決めるため、ハイリスクなアングルでパスをアンダーカットしようとする。おそらくプロではいつでも「大成功か大失敗」というギャンブルなCBになる。相手を掴みがち。ラトガー大学戦は酷い内容で、6回162ヤード3TDやられた。プレイのスピードとランサポートに一貫性がない。でかいレシーバーにやられる。

瞬発力というより、効率的な走りをするので、ワークアウトの数字は大事になる。アンダーニースのルートで攻撃的だが、ダブルムーブでやられた後にリカバーできる一流の爆発力はない。股関節に少し硬さがあり、方向転換が半歩遅れてレシーバーに離される。いくつかのINTはパスがアンダースローで、パスが正確だったら頭上を抜かれていた。チームメイトに汚れ役を任せて、ただ見ていることがある。

 

総評

細いが機能的に強いCBで、常に自分のところへ来るボールに挑戦する。その結果、3年間でパス防御33回と15INTを決めている。2014年は狙われることが少なく、長い距離のスピードがどうなのかはワークアウトで明らかになるだろうが、彼のボールスキルとビックプレイ能力は魅力的なはずだ。4-5巡指名予想。

昨年はテュレーン大学から2009年以来となるドラフト指名選手が誕生した。ドスはアーリーエントリーでその後に続こうとしている。大学通算15INTの実績、そのビックプレイ能力はスカウトの興味を引くだろう。

 

似たタイプの選手

  • CB Buster Skrine (NYJ)
  • CB Josh Robinson (MIN)

 

 

感想

ブロンコスのCBは層が厚いポジションなので、この指名はちょっと不思議だったかもと思います。7巡でも同じテュレーンのCBを指名していますね。

元レシーバーで、3年間で15INTを決めているビックプレイ・メイカーですが、あまりサイズはないので、小さくてクイックなレシーバーをカバーする、ニッケルコーナーと予想されているようです。(T.Y. ヒルトンをカバーできるかなあ)

2014年は数字が落ちていますが、それは相手が避けてパスを投げなかったからという話で、過小評価されているという意見もあれば、アーリーエントリーしたのは疑問という意見もあるようです。なんといってもターンオーバーが魅力で、多くのチームから興味をもたれていたそうですが、ギャンブル的なプレイ・スタイルは諸刃の剣という感じもしますね。

40ヤードは4.50秒くらいですが、長い距離を走るスピードに懸念があると指摘されていて、動画でもレシーバーの背中を追いかけているシーンは気になりました。

テュレーン大学の守備C(DBコーチ)は、ブロンコスに2年間(1995-96)在籍していた、元CBのライオネル・ワシントンで、インタビューでは「WRからCBに転向して成功できたのはコーチのおかげ」と感謝していました。

同じくテュレーンから7巡で指名されたCBトリアン・ニクソンとは仲良しで、陸上の400メートル・リレーではドスが3番目、ニクソンが4番目を走っていたのだとか。同じチームに指名されたことに、「すばらしいよ。ブロンコスに感謝している」と喜んでいました。

どうやらCBトニー・カーターあたりと4~5番目を争うようですが、まだ21歳と若いので、のびしろにも期待できそうですね。

 

 

評価

 

動画 (背番号6番)

 
引用元

NFL.com / CBS Sports / Tulane University Official Athletic Site