読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

3巡 TE ジェフ・ホイエルマン

ドラフト2015 ブロンコス

ブロンコスのドラフト指名選手紹介、3人目です。

 

 

3巡 28位(全体92位)

TE ジェフ・ホイエルマン

*ジェフ・ハイアマンとも聞こえますが、NFL Japanの表記に合わせました。

 

f:id:KeroBro:20150528070215j:plain

  • 名前: Jeff Heuerman
  • 身長: 6-5 (1.96m)
  • 体重: 254 (115kg)
  • 大学: Ohio State
  • 年齢: 22歳 (1992年11月24日)
  • 学年: シニア
  • 腕の長さ: 33 1/4インチ (84.5cm)
  • 手の大きさ: 10 1/8インチ (25.7cm)
  • 40ヤード: 4.81秒*
  • 10ヤード: 1.63秒*
  • 20ヤード: 2.75秒*
  • 20ヤードSS:
  • 3-Cone Drill:
  • 垂直跳び: 34 1/2インチ* (87.6cm)
  • 立ち幅跳び: 10フィート* (3.05m)
  • ベンチプレス: 26回

*Pro Day Workout

 

大学の成績

  • 2011年 出場10試合 1回、25ヤード
  • 2012年 先発09試合 8回、94ヤード、1TD
  • 2013年 先発14試合 26回、466ヤード、4TD
  • 2014年 先発14試合 17回、207ヤード、2TD

 

評価

  • NFL.com: 5.34 (控えかST要員)
  • CBS Sports: TE 3番目(3巡指名予想)
  • SI.com: 5.5 (4巡指名)

 

概要

父親はミシガン大のバスケ選手で、兄のマイクはノートルダム大のTEだった。

高校までの8年間はアイスホッケーの選手として活躍していた。

高校でフットボールを始め、3つ星のTEとしてミシガン、テネシー、サウス・カロライナからもオファーを受けたが、オハイオ州立大学を選んだ。

2011年はフレッシュマンで10試合に出場。2012年は9試合に先発(全試合に出場)した。

2013年は全試合に先発。26回、466ヤード、4TD、チーム・トップの平均17.9ヤードを記録した。

2014年は14試合に先発。2014年3月に足の手術を受け、シーズンを通して怪我と戦いながら出場していたが、チームは全米王者となった。

2014年の2ndチーム All-Big Tenに選出。

 


長所

TEとしてはアスレチック。キャッチ後の直線スピードがある。縦にシーム(守備の隙間)を脅かす。パスキャッチャーとして高さで勝負できる。優れたボディ・コントロールで、身体から逸れたボールにアジャストできる。キャプテンで、ウェイト・ルームのリーダー。

厚みのあるアスレチック体型。サイズの割りに流動性がある。大きな手があり、競い合いでボールを確保する。キャッチ後になかなか倒れないタフさがある。インライン・ブロッカーとして上手く相対し、長い腕でパスラッシャーを近づけさせない。フィジカルでいろんな位置にセットできる多様なブロッカー。アングルが上手く、相手選手をプレイから葬り去る。怪我をしてもプレイをし続ける。

 

短所

筋トレの強さはあるが、それを試合で発揮できていない。 ルートのトップで相手をセパレートするのに苦戦する。コアの強さはない。パスプロでやられることがある。ランブロックにおいてエッジで勝つのに苦労する。大学での実績はいまいち。

プレイに爆発力がなく、相手をセパレートするのに苦戦する。相手をだましてかわすテクニックを身に着ける必要がある。キャッチ後のダイナミックさに欠け、コンスタントにタックルをはずしたり、守備選手をミスをさせることはない。良い手はあるが、時に集中力を欠いた落球や、速いボールを苦手にすることがある。ブロックのタイミングとテクニックは進歩したが、まだ向上の余地がある。怪我を抱えていて耐久性に懸念がある。

 

総評

2014年は足の怪我と、QBの交代で数字が落ちた。高さで勝負できるTEで、あちこちにセットできる。NFLにおけるポテンシャルが注目されている。4-5巡指名予想。

高校でフットボールをやり始め、大学での実績も冴えないが、今年のドラフトにおける数少ない先発級タイトエンド。インライン、バックフィールド、スロットに位置できるだけの多様性があり、怪我さえしなければ、プロでは大学時代より活躍できるだろう。

 

似たタイプの選手

  • TE Rob Housler (CLE)
  • TE Scott Chandler(N.E)

 

 

感想

タイトエンドの指名は、マックス・ウィリアムズ(2巡23位)や、クライブ・ウォルフォード(3巡4位)といった予想もありましたけど、3巡28位で全米王者オハイオ州立大学のホイエルマンを指名しました。

指名の時点でドラフトボードのトップにいた選手ということで、エルウェイも「3巡まで残っていたのは幸運だった」と語っていました。

今年のタイトエンドでは、もっとも優れたブロッカーという話もあるので、クービアックのオフェンスに合いそうです。サイズと身体能力を備え、レシーバーとしてのポテンシャルも期待できると、専門家やファンの評価もなかなか良いですね。

レシーバーとしての数字は大したことないですが、その理由として、パス攻撃で使われていなかったと指摘されています。PFFによると、2014年はパス全体の6%以下でしかターゲットになっていなかったのだそうです。

2014年は足の怪我を抱えながら出場していたということもあって、より活躍した2013年の動画が真の姿に近い、数字はあまりマイナス要素にならない、プロでは大学以上に活躍できるだろう、とも言われていますね。

1年目から楽しみな選手だっただけに、 ルーキーキャンプの怪我でシーズンエンドになってしまったのは本当に残念でした。来年の復活を期待したいです。

 

 

評価

 

動画

 


引用元

NFL.com / CBS Sports.com / Ohio State Buckeyes Official Athletic Site

Denver Broncos draft pick Jeff Heuerman graded by Pro Football Focus - Mile High Report