読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

2巡 OT タイ・サムブライロ

2015年NFLドラフト、ブロンコス指名選手紹介の2人目。

地元コロラド州立大学の選手を指名しています。

 

 

2巡 27位(全体59位)

OT タイ・サムブライロ

 

f:id:KeroBro:20150524171936j:plain

  • 名前: Tyler William Sambrailo
  • 身長: 6-6 (1.98m)
  • 体重: 311 (141kg)
  • 大学: Colorado State
  • 年齢: 23歳 (1992年3月10日)
  • 学年: RSシニア
  • 腕の長さ: 33インチ (83.8cm)
  • 手の大きさ: 10インチ (25.4cm)
  • 40ヤード: 5.36秒
  • 10ヤード: 1.85秒
  • 20ヤード: 3.10秒
  • 20ヤードSS: 4.58秒
  • 3-Cone Drill: 7.54秒
  • 垂直跳び: 29インチ (73.6cm)
  • 立ち幅跳び: 8フィート 1インチ (2.46m)
  • ベンチプレス: 23回

 

大学の成績

  • 2010年
  • 2011年 先発7試合(出場11試合)
  • 2012年 先発10試合(出場12試合)
  • 2013年 先発14試合
  • 2014年 先発11試合

 

評価

  • NFL.com: 5.45 (控えかST要員)
  • CBS Sports: OT 11番目(3-4巡指名予想)
  • SI.com: 6.9 (3巡指名)

 

概要

父親はコロラド大学で棒高跳びの選手だった。

少年時代にスキーのスラローム、グランド・スラロームスーパーGの競技で、Far West DivisionのUSSA王者となった。

高校では3年間キャプテンを務め、攻守のラインマン、タイトエンド、キッカーをプレイした。サッカー、バスケ、野球も経験している。

大学からのオファーはあまりなく、唯一の1部リーグ校だったCSUに進学した。

2010年はレッドシャツ登録。2011年はフレッシュマンで7試合に先発。2012年はLTで2試合、LGに移動して5試合、RGにも入り、最後は怪我人の代わりにRTで先発した。

2013年はLTで全14試合に先発。2014年1月には肩の手術を受けた。2014年は開幕戦で左膝を怪我して次の2試合欠場したが、LTで11試合に先発した。

2015年1月のシニアボウルに招待された。

2012年3月、ナイフの喧嘩で肩を14針縫合する怪我を負った。その3週間後には、パーティーで新入生4人を殴って出場停止処分を受けている。

2013年は2ndチーム All-MWC、2014年は1stチーム All-MWCに選出されている。

 

 

長所

レフトタックルをやれる身体能力がある。スクリーンで動く相手をブロックできる。足をうまくスライドさせ、パスラッシャーに相対する。足の内側に重心を残し、手を正しい位置にキープする。パンチが上手い。まだ体重を増やせる余地がある。笛が鳴るまで激しくプレイする。

スナップでの素早さと、下半身の柔軟さがある。横の動きに優れる。ダウンフィールドへ動ける。セット・アンド・パンチのテクニック、優れたフットボールIQ、アングルの使い方が上手い。プロのような振る舞いで、チームメイトに努力と熱心さを指導する。カリスマ性のあるキャプテン。4年間先発している。主にLTだったが、RTとOGの経験もある。

 

短所

ランブロックは向上する必要がある。ランで手の使い方に難がある。セカンドレベルまで上がれるが、そこで何をするか見失う。パスプロで押し込まれて曲がり、バランスを崩す。コアの強さに欠ける。身長の割りに腕が短い。

ずんぐりした胴体と細い肩、理想的な体格ではない。下半身が軽くブルラッシュに苦戦する。上半身のパワーが不足している。スナップでのレバレッジに欠け、相手に入られて上体が反り、簡単に押し込まれる。アグレッシブなあまり、時に突っ込みすぎてブロックをミスすることがある。怪我歴の懸念がある。

 

総評

評価の難しい選手。脚と機動力はプラスだが、機能的な強さはプロで苦戦するかもしれない。もっとアンカーとパワーを向上させないと、ブルラッシャーやエッジセッターにやられてしまう。3-4巡指名予想。

フリースタイル・スキーの元チャンピオン。バーサタイルなアスリート。タフさには問題ないが、アンカーのパワーを欠いている。運動能力と頭脳はNFLで通用するが、先発するには1年くらい鍛えて強くなる必要があるかもしれない。

 

似たタイプの選手

  • OT Tyson Clabo(前HOU)
  • OT Riley Reiff(DET)

 

 

感想

今年のドラフトでは、オフェンスラインの上位指名が予想されていましたが、2巡でコロラド州立のOTを指名しました。地元ということで、ファンの間でも前から名前が挙がっていた選手ですね。

コロラド州立というと、ブロンコスには、昨年のドラフト外RBカプリ・ビブスがいますが、近年では他にもC ウェストン・リッチバーグ(2014年2巡)、QBギャレット・グレイソン(2015年3巡)などがドラフトで指名されております。

以前はドラフト1巡候補という予想もありましたけど、シニアボウルで苦戦したこともあってか、身体能力は高いものの、テクニックに欠けるという評価で、3巡予想くらいに落ちていました。ややリーチぎみの指名になったかもしれません。

長所(脚)と、短所(パワー)がはっきりしていて、評価も割れていますが、ブロンコスのゾーンブロックにはフィットすると言われていますね。

パスプロでも、2013年は1個もサックを許しておらず、2014年もユタ大学と対戦したラスベガス・ボウルまではサックをやられていなかったという話です。しかし、シニアボウルではスピードラッシャーに苦戦していました。

子供時代からのスキーの経歴は、脚の動きや、一瞬の反応・判断など、フットボールでも活かされていると語っています。

とてもバーサタイルで、センター以外すべてのポジションを経験していますが、ブロンコスはセンターとしてもワークアウトをしていたという話も出ています。一部ではガード向きという評価も目にします。

本人はドラフト前に「プロでもレフトタックルをやれると思うし、挑戦したい」と発言していました。ブロンコスでは1年目からライトタックルを争うことになりそうですね。(追記:ライアン・クレイディのシーズンアウトにより、レフトタックルで試されるようです)

 

 

ドラフト評価

 

動画

 

引用元

NFL.com / CBS Sports.com / CSURAMS.COM