読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

ブロンコスのドラフト評価 2014

ドラフト2014 ブロンコス 専門家

2014年のNFLドラフトが終わりまして、専門家による評価が出てきています。

そこで、今年もブロンコスのドラフト評価を調べてみました。

評価のグレードには、それほど意味がないかもしれませんが、ブロンコスがどんなドラフトをしたのか、簡単にチェックできて分かりやすいかなと思います。

 

適当な翻訳なのでk(以下略
新しい評価が出たらこっそり追加するかもしれません新しい記事を書きました。
昨年のドラフトも同じように調べていますので、興味ある方はコチラをどうぞ。

 

  • 1巡31位 CB Bradley Roby 5-11 194 Ohio State
  • 2巡24位 WR Cody Latimer 6-2 215 Indiana
  • 3巡31位 OT Michael Schofield 6-6 301 Michigan
  • 5巡16位 LB Lamin Barrow 6-1 237 LSU
  • 6巡31位 C Matthew Paradis 6-3 306 Boise St.
  • 7巡27位 OLB Corey Nelson 6-0 231 Oklahoma

 

 

A- WalterFootball.com

1巡指名のロビーは、才能あるCBで2012年シーズンに活躍したが、2013年は怪我の影響もあって苦戦した。彼にはキャラクターの不安があるが、ブロンコスは今すぐ勝ちたいチームなので、先の問題は気にしなくていい。LBバローは先発できるポテンシャルを持っている。WRラティマーは2巡指名のスティールで、デッカーの穴を埋めるだろう。OTスコフィールドの3巡指名は高すぎると思うが、OLのデプスは厚くなった。ブロンコスは素晴らしいドラフトをした。

 

B+ Pete Prisco (CBS Sports

ベスト指名: 1巡のCBブラッドリー・ロビーはとてもアスレチックで、私は2番目のCB(1番目はフラー)だと評価していた。新人年から多く出場するだろう。

ワースト指名: 5巡までニーズであるMLBを指名しなかった。

3日目の原石: 6巡のCマシュー・パラディスはPSで修業して強くなれる。

解説: エルウェイはまた良いドラフトをした。2巡のWRラティマ-も良い指名だった。

 

B Chris Burke (SI.com

ブロンコスは1巡でCBロビー、2巡でWRラティマー、5巡でLBバローを指名してニーズを埋めた。最初の2人は少し落ちてきたので、バリューピックとなった。3巡のOTスコフィールドには(おそらくは、穴が開いたままのOGに入って)成功してもらう必要がある。特に驚くようなドラフトではなかったが、ロビーとラティマーはそう遠くない将来、スターに成長するかもしれない。

 

B Rob Rang (CBS Sports

成績の良いチームは一般的に、遅い指名順位で少ないニーズを埋める必要があり、ドラフトでは不利になる。しかし、ブロンコスは1~3巡でうまくニーズを埋めた。タフで才能あるCBロビーの指名をとても気にいっている。もっと安定した活躍をする必要はあるが、才能を否定することはできない。WRラティマーは(デマリアス・トーマスと共に)高さ、スピード、タフさをプラスできる。OTスコフィールドとCパラディスは冗談抜きのブロッカーで、OLのデプスも厚くなった。LBバローとLBネルソンには充分に成長の余地がある。息を飲むようなドラフトではなかったにせよ、指名権6個でここまでやっているチームもそう多くはない。

 

B- Evan Silva (Rotoworld

CBロビーを1巡下位で獲得したのは、ニーズを埋めるバリューピックだった。インパクトのあるMLBを獲得できなかったのは気になるが、2巡でILBクリス・ボーランドではなく、WRラティマーを指名したことは評価したい。彼は本質的にデッカーの上位版で、ウェルカーが去る来年には先発することになるだろう。

OTスコフィールドは、オールド・スクールなドライブ・ブロッキングRTで、今すぐにでもOTクリス・クラークを押しのけて出場できる。LBバローは、もしトレバサンをミドルに入れることになれば、WLBの先発候補になるだろう。CパラディスとLBネルソンはもう少し時間がかかる。ブロンコスは、このドラフトで2~4人の先発候補を得た。FA補強も合わせるとA評価だ。

 

C+ Shutdown Corner (Yahoo! Sports

ベスト指名: WRコーディー・ラティマーは、まだデッカーと同じレベルにはないが、同じ型のレシーバーであり、ラン・アフター・キャッチとラン・ブロックで貢献できる。

ワースト指名: OTマイケル・スコフィールドは頭が良く、コーチ可能で、求められればなんでもやる良い選手ではあるが、彼はOTではなくOGであり、3巡指名は高すぎる。

解説: 1巡31位でCBロビーが残っていたのは驚きだっただろう。MLBのアップグレードはできていないが、それほど大きな問題ではない。FAでの補強も可能だ。

 

C- Vinnie Iyer (Sporting News)

今年勝つというテーマに合わないドラフトだった。CBロビーとWRラティマーは層を厚くする選手たちであり、(3巡でOTスコフィールドを指名するのではなく)トップクラスのオフェンスラインを上位指名すべきだった。ブロンコスは即戦力を指名しなかっただけでなく、戦力の充実もできていない。

 

16位  Nate Davis (USA TODAY

1巡のCBロビーと、2巡のWRラティマーは、2014年に大活躍とまではいかなくても、将来の大きな戦力となる。ラティマーのサイズとスピードは、デッカーの上位互換になりえる。

 

続き→ ブロンコスのドラフト評価2014 - 2