読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

SB前 ブロンコスの選手紹介 守備編2

第48回スーパーボウル直前、ブロンコスの選手紹介、守備編パート2になります。

 

 

f:id:KeroBro:20140131172733j:plain

コーナーバック

24 チャンプ・ベイリー 6-0 192 15年目 (2004 WAS)
先発3試合 14タックル 3パスDEF
45 ドミニク・ロジャース・クロマティ 6-2 193 6年目 (2013 PHI)
先発13試合 31タックル 14パスDEF 3インターセプト
36 ケイボン・ウェブスター 5-11 198 新人 (2013 D3巡)
先発2試合 37タックル 9パスDEF 1インターセプト
32 トニー・カーター 5-9 175 5年目 (2009 D外)
先発2試合 13タックル 6パスDEF 1インターセプト
32 クィンティン・ジャマー 6-0 204 12年目 (2013 S.D)
先発1試合 14タックル 3パスDEF
34 マーキス・コール 5-10 195 5年目 (2013 N.E)
IR 25 クリス・ハリス 5-10 199 3年目 (2011 D外)
先発15試合 65タックル 13パスDEF 3インターセプト

オフにドミニク・ロジャース・クロマティと契約しましたが、新しいチームで予想外の復活という活躍ぶりでした。クリス・ハリスは、欠場が続くチャンプ・ベイリー(画像)の穴を埋めていたものの、プレイオフで怪我してIR入り。一気に層が薄くなりました。

ここまで第一線で働いてきたチャンプ・ベイリーも、今シーズンは怪我で開幕から欠場。復帰した後も欠場が多く、わずか5試合の出場にとどまりました。しかし、シーズン終盤からスロットに入り、離脱したクリス・ハリスと入れ替わるように先発しています。もしかしたら、これがブロンコスでの最後の試合になるかもしれません。

ケイボン・ウェブスターは狙われることもありましたが、新人ながら先発するなど、将来性を感じさせています。スピードがあり、タックルが上手いですね。

トニー・カーターは第5週のカウボーイズ戦でやられまくり、しばらく試合登録されませんでした。復帰した第12週のペイトリオッツ戦でも、延長戦最後のパントでボールに触れてしまう不運なミスをやっています。

元々セーフティーだったベテランのクィンティン・ジャマーは、プレイオフチャージャース戦のように、やられていたことが多かったと思います。

 

 

f:id:KeroBro:20140131220047j:plain

セーフティ

33 デューク・イエナチョ 6-1 207 2年目 (2012 D外)
先発14試合 73タックル 6パスDEF
20 マイク・アダムス 5-11 200 10年目 (2012 CLE)
先発7試合 64タックル 7パスDEF 1インターセプト
31 オマー・ボールディン 5-10 195 2年目 (2012 D4巡 )
32 デビッド・ブルートン 6-2 217 5年目 (2009 D4巡)
29 マイケル・ハフ 6-0 211 8年目 (2013 BAL)
IR 26 ラヒーム・ムーア 6-1 195 3年目 (2011 D2巡)
先発10試合 44タックル 6パスDEF 2インターセプト

キャンプでの活躍で、初先発の座をつかんだSSデューク・イエナチョは、激しいタックルが売りですね。ただ、パスカバーが不安定で、パス守備の時には交代することも多いです。

開幕から先発していたFSラヒーム・ムーアは、第11週後に足の手術を受けてIR入り。空いた枠で、レイブンズを解雇されていたマイケル・ハフと契約。先発は、昨シーズンまで先発だったベテランのマイク・アダムス(画像)が入っています。

 

 

スペシャルチーム

5 マット・プレイター 5-10 195 7年目 (2007 MIA)
FG 25 / 26回 (96.2%)
4 ブリットン・コルキット 6-3 205 5年目 (2009 D外)
パント65回 ネット平均38.8ヤード ブロック1回
46 アーロン・ブリューワー 6-5 230 2年目 (2012 D外)

キッカーのマット・プレイターは第14週、NFL史上最長となる64ヤード・フィールド・ゴールを決め、リーグ新記録を更新しました。

 

 

マッチアップ

ブロンコスの守備は、オフに契約したベテラン選手たちが活躍してくれた一方で、怪我により先発5人を失うという不運にも襲われました。

ブロンコスのパス守備は、LBボン・ミラーを失ったパスラッシュや、CBクリス・ハリスを失ったパス・カバーなど、不安要素も多いですが、プレイオフでは予想外に強い守備を見せてくれたと思います。シーホークスはWRパーシー・ハービンも復活してくるので要警戒ですね。

ブロンコスのラン守備は、相手RBマーショーン・リンチを止めることができるか、試合の大きなポイントになりそうです。プレイオフでやったように、相手のランを止め、3rdダウン更新を阻止できればと思います。

 

以上、簡単なブロンコスの選手紹介でしたー

 

SB前 ブロンコスの選手紹介 攻撃編

SB前 ブロンコスの選手紹介 守備編1