読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

コッペンの怪我とセンター事情

もう怪我人は勘弁・・・

 

さて(数日前の話になりますが)、キャンプ4日目のチーム練習中に、センターのダン・コッペンが膝を怪我してカートで運ばれ、検査の結果、ACL断裂でシーズンエンドということになってしまいました・・・

翌日には、ベテランFAのスティーブ・バロスと契約。さらに(報道によると)引退していたジェフ・サタディやユージーン・アマノとも接触していたみたいですが、現地水曜にはマニングの元チームメイトで引退表明していたライアン・リルジャとの1年契約に合意しています。

 

ということで、ブロンコスのセンターがどうなっているのかを調べてみました。

 

C/OG マニー・ラミレズ
先発センター(仮)。7年目の30歳。昨シーズンは右ガードで11試合先発しましたが、けっこうやられていた印象があります(JJワットにボコられたり・・・)。ウォルトンが離脱して、ミニ・キャンプでもセンターに入って練習していましたが、いきなり先発を任せるのは心許ない感じがしますね。

 

C/OG ライアン・リルジャ new
コッペンの怪我で契約したマニングの元チームメイト。昨シーズンはチーフスで15試合に先発し、センターとしてもなかなかの評価をされていたようです。シーズン終了後に引退を表明していましたが、ブロンコスからの誘いを受けて1年契約で復帰しています。
コルツ時代(2004年~2009年)はガードとして、マニングと共に2回のスーパーボウル出場を経験しています。オフにつま先と膝の手術を受けており、引退していた間のコンディションが気になるところですが、問題なければ先発最有力になりそうですね。

 

C スティーブ・バロス new
コッペンの怪我で契約した6年目のベテラン。シーホークスの2007年7巡指名。通算44試合出場で先発9試合。

 

C/OG C.J.デイビス
4年目の26歳。パンサーズの2009年ドラフト外入団選手。控えガード兼センター。先発経験なし。キャンプ中に怪我していましたが大丈夫のようです。

 

C/OG フィリップ・ブレイク
2012年4巡指名の27歳。先発経験なし。ベイラー大学ではセンターで26試合、右タックルで12試合先発していました。練習では2ndチームに入っていることもあるようですが、今のところ控えポジションから上を狙うことになりそうです。

 

C クエンティン・ソールスベリー
2年目の24歳。バイキングスの2012年ドラフト外入団で、昨年はブロンコスのPS登録。ミネソタ州立大学では全50試合に出場。昨シーズンは4試合の出場停止処分を受けており、今年5月には飲酒運転で逮捕されてたことが発覚してました…

 

C J.D.ウォルトン(足首) PUP
元先発センター。足首の再手術により、復帰は早くて10月後半から11月くらい。今シーズンは厳しいかもしれませんね…

 

OG クリス・クーパー(足首) PUP
怪我から回復中の元先発ガード。健康なら能力は高いですね。本人も言ってるように、復帰後はセンターに入れるかもしれませんが、それにはマニングとの練習が必要になりそうです。しかし給料が高いので放出の噂も消えてませんね。

 

実績のない選手と怪我人ばかりで層がスカスカでしたけど、バロスとリルジャを加えてだいぶ良くなった感じがしますね。フロントのマット・ラッセルとトム・ヘッカートが謹慎処分で不在ながら、エルウェイ副社長なかなか良い仕事をしているのではないでしょうか。

あとはリルジャがどれくらいやれるのか。最低でもコッペンと同じくらいやってくれると助かるんですけどねー