読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

トレーニング・キャンプ3日目

ボン・ミラーどうなるんやー

…さて(話題をガラリと変えまして)現地土曜日のキャンプ3日目、いよいよパッドを着用した練習が行われました。ということで、ここまでのキャンプ記事から、またまたサクっとピックアップしてまとめてみました。

 

クォーターバック

マニングは高速オフェンスをコントロールしていて、すでにウェルカーとの息も合っている。
オスワイラーはミスもあるが強肩でビックプレーも決めている。ドロップバックやリリースなど技術的に向上している。
新人ダイサートはまだ苦戦。慎重すぎるのか判断が遅く、短いパスばかり投げている。

 

ランニングバック

ヒルマンはゾーンブロックに合っていて、ビックプレイを出していた。体重を増やしたこともあって、パスプロの良さも目立っていた。
モンティ・ボールは苦戦中。ランがほとんど出てない。パスプロでもミスがあった。
モレノは強いところを見せ、セカンドチームで問題なくランを出していた。ゾーンブロックには苦戦しているよう。
ヘスターはバーサタイルな活躍。良いブロックでヒルマンの40ヤードランも演出した。
ジェレマイア・ジョンソンは持ち前のスピードで、(オスワイラーからの)スクリーンパスをエンドゾーンまで持って行った。

 

ワイドレシーバー

デマリアス・トーマスは昨年より4キロほど身体を絞っているらしい。
ウェルカーはパントリターンでも練習中。
アンドレ・カーズウェルはいくつもパスをキャッチしてアピール。
新人キングは期待どおりのディープスレットぶり。
ホリディとドラフト外新人クインシー・マクダフィもパントリターンで練習。

 

タイトエンド

ジュリアス・トーマスが相変わらず活躍中。
ドラフト外のルーカス・リードはハムストリングを痛めていて解雇。
ジェイク・オコネルと契約。

 

オフェンスライン

RTオランド・フランクリンはボン・ミラーのラッシュを制していた。
センターにはダン・コッペンが入った。
センターだったラミレズは右ガードにも入っていた。
ライアン・クレイディの代役クリス・クラークは善戦している。
ガードのCJディビスが足首を怪我、カートで離脱してその日は戻らず。

 

ディフェンスライン

DEロバート・エアーズは1on1ではかなり良かったそう。しかし他では、OGバスケス相手に苦戦するなど、ランでもパスでもやられていた。
DTヴィッカーソンはOGバスケスをスピンムーブで抜いていた。
デレク・ウルフとヴィッカーソンは真ん中からプレッシャーを与えていた。
ドラ1のDTシルベスター・ウィリアムズはスピンムーブでOGビードルズをかわしていた。
DTナイトンはでかくてパワーがあり、何度かコッペンを抜いていた。
新人DEクアンテラス・スミスは、新人攻撃ラインを相手にしてスピードで抜いていた。

 

ラインバッカー

ウッドヤードとネイト・アービングはインターセプトを決めていた。
スティーブン・ジャクソンはいくつかビックヒットを決めていた。
ショーン・フィリップスは残念な練習内容でファンに謝罪ツイート。

 

コーナーバック

DRCは、マニングからデッカーへのパスをインターセプトした。
トニーカーターはパントリターンも練習している。

 

セーフティー

デルリオは「全員をいろんなポジション、組み合わせで試している」と発言。
ムーアとアダムスがメインで、ブルートンはFSとSS両方に入っていたそう。
クエンティン・ジャマーとDuke Ihenachoもファーストチームに混ざっていた。
Duke IhenachoはオスワイラーのパスをインターセプトしてリターンTDを決めた。

 

ここまでのキャンプ動静をチェックしてみますと、まだ始まったばかりということもあって、オフェンスはいまいち進んでないこともあるようですね。全体的に、若手にいろいろやらせて試している(役割を見極めている)というのもあるようです。

オフェンスで目立っているのは、RBヒルマン、TEジュリアス・トーマス、QBオスワイラーあたりでしょうか。特にTEトーマスは先発候補という声も出てますね。ディフェンスだと、プレイオフでやらかしたラヒーム・ムーアが頑張ってるみたいです。

不安要素では、新人RBモンティ・ボールの苦戦と、ロバート・エアーズやショーン・フィリップスのパスラッシュあたりが気になりますね・・・

 

公式サイトの動画

Exclusive Highlights from Day 3 of Camp

Sounds From Training Camp: Day 3