読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

DALのドラフトボード

ドラフト2013

2010年にも同じようなことがありましたが、DALカウボーイズの2013年ドラフトボードが明らかになったという記事がありました。オーナー兼GMであるジェリー・ジョーンズさんのインタビューで背後に映っていた映像をファンが解析したそうです。

2巡評価
QB Ryan Nassib(4巡)
QB Matt Barkley(4巡)
QB Geno Smith(2巡)
CB D.J. Hayden(1巡)

3巡評価
DE Tank Carradine(1巡)
DE Datone Jones(1巡)
CB Desmond Trufant(1巡)

4巡評価
QB E.J. Manuel(1巡)

圏外
LB Jarvis Jones(1巡)
LB Alec Ogletree(1巡)
S Matt Elam(1巡)
CB Tyrann Mathieu(3巡)


記事でも取り上げられてますが、いくつか実際の指名順位と比べて評価が割れているものが目につきますね。QBの評価も面白いですが、個人的にはDEの評価が興味深いです。あと怪我やキャラクターに問題のある一部の選手は避けられてボードに入っていないらしいです。

そんなDALのドラフトボードですが、ブロンコスが指名した選手がはどれくらいの評価をされていたのかを抜き出してみました。

f:id:KeroBro:20130531220407j:plain

DT Sylvester Williams(1巡28位)
RB Montee Ball(2巡26位)
WR Tavarres King(5巡28位)
この3人はブロンコスの指名とほぼ同等の評価になってますね。

CB Kayvon Webster(3巡28位)
かなり評価が離れてますが、元々リーチな指名と言われてるので7巡評価は妥当かなと思います。ドラフトボードに入っているだけでも意外でした。

DE Quanterus Smith(5巡13位)
OT Vinston Painter(6巡5位)
QB Zac Dysert(7巡28位)
この3人は圏外でした。Smithは怪我の影響かもしれないですね。

それにしてもドラフトボードの前でインタビューを受けてしまうジェリー・ジョンズさん、前回の時もですが、サービス精神と目立ちたがりが災いしてしまったのかなと思います。とはいえインタビュー映像はドラフト後に放送されたので実害はなかったらしいですし、ドラフト好きとしては本物のドラフトボードを確認できるのはありがたいです。できたら、うちのエルウェイ副社長にもドラフトボードの前でインタビューをしてほしいですねー