読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロ研 [ブロンコス研究所]

NFL DENVER BRONCOS について独自研究を行うブログ

「未練・或爺杯モックドラフト2013」の舞台裏

モックドラフト

今年も「未練・或爺杯モックドラフト」にブロンコス担当GMとして参加させていただきました。
そこで指名の舞台裏を少し書いてみたいと思います。
 
まず、ブロンコスの1巡指名ニーズを考えた結果、以下の計画を立てました。
1. トレードダウンしてDE Corey Lemonierを指名する。
2. 狙いの大物選手が落ちてきた場合には少しだけトレードアップを考える。
3. 落ちてきたDEを見たうえで、残っているDTとCBの中でベストの指名する。

ニーズとしてはDEが欲しいので、28位で指名できそうな選手を探してみたところ、DE Corey Lemonierが目に留まりました。デュマビルが抜けた穴を埋めるのに欲しいパスラッシャーです。できれば2巡で獲りたい選手なので「トレードダウンできた場合にのみ指名」という条件を付けて本命に。

他にもブロンコスに合いそうなDLを数人候補に入れて、バックアップとして28位指名に値するCBも準備しておきました。RBとMLBとSは2巡以下で補強したいです。

さて本番前、計画に沿って数チームにトレードダウンの交渉をしてみたもののあえなく全滅。やはり28位からのダウンは難しいのか・・・
そんな時、トップ10のチームからトレードアップしませんかとのお誘いが。しかし代償が大きすぎるのでお断りすると、2巡にトレードダウンはどうですか、という代案を提示されました。もし未練杯に2巡指名があったら魅力的な話だったのですが、指名が無くなってしまうのも寂しいので、こちらもお断りすることに。
その他に数チームからトレードアップのお誘いがあり、こちらはちょっとだけアップという順位だったので、条件を確認したうえで保留にさせていただきました。

そして未練杯がスタート!
期待薄で狙ってたDT Star Lotuleleiが12位で売れてトレードアップはご破算に。さらに17位でDT Johnathan Hankins、19位でDE Bjoern Wernerも消えて、トレードダウンの交渉もうまくいかないまま、ブロンコスの28位が来た時には3人の候補が残っていました。

DE Bjoern Werner
DE Cornellius Carradine
DE Corey Lemonier
DT Johnathan Hankins
DT Sylvester Williams

ここで本命の指名を強行するか数分考えたのですが、チキンなので現実的なDE Cornellius Carradineの指名を決定。コミッショナーへのDMを送信しようとして、「そういやDT Sheldon Richardsonは指名されてたっけ?」とボードを確認するとなぜかまだ残ってる!?
うーん、ニーズとしてはDTよりDEが欲しい。でもスルーするのはもったいない気もする。システムには合うけど・・・なんて悩んでいると、現地会場から「寝落ちか!」「まさかの時間切れか」という音声が聴こえてきて大慌て! あせってDMを送信しようとしたら、宛て先がちゅるさんのアカウントになっていてさらにドタバタ。なんとか無事に指名を完了してクロックを確認すると残り時間が30秒を切っておりました・・・

ということで結果、ブロンコスの1巡28位指名はDT Sheldon Richardson (Missouri) に決定!
(モックドラフトの全結果はコチラから)

正直、デルリオが好むタイプのDTなのか少し迷いました。でもブロンコスに欠けているアスレチックなDTなので、バリューで指名してみました。


最後になりましたが、ちゅるさん、エトさん、会場コメンテーターの方々を含めた運営の皆さま、そして参加された皆さま、楽しい時間をありがとうございました!